ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年05月06日 (火) | 編集 |
今朝は少し涼しかったのですが、鉛を外しました。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2014年04月20日 (日) | 編集 |
続きを何を書くか忘れてしまったので・・・。

今日は気温が丁度よかったのか、何も考えずともよい球ばかり打てました。

鉛を張っていないウッドが少し硬く感じましたが、大きな差ではなかったような。

ということは冬場の為に張っていた鉛は足りなかったということ?

ウッドに鉛を張って、もっと暖かくなったら剥がせばよさげな感じ~。


2014年02月02日 (日) | 編集 |
続きです。

3の前に、1 、2で書き忘れたことを。
まず、体の向きの変更で、
肩や腕だけを回さないこと。クラブが遅れるわ体が止まるわでよいことナッシング。ただ何故肩や腕だけ動かしてしまうのかがよくわかりませんでした。忘れていただけではなく、クラブの重さが感じられず、止まるきっかけがつかめなかったのかもしれません。感覚を掴むため、もっと重くて柔らかいクラブの登場となりました。

次はインパクトで体の向きの変更を止めないこと。意識して止めてる場合と不可抗力で止まってしまう場合とがあり、左曲がりとも関係してました。

意識して止めている場合はインパクトの形を作ろうとしていたせいかもしれません。

形を作るのをやめてフォローまで行こうとするとこれまた止まってしまいました。無理矢理動くことはできますが、重しを乗せたように動きづらい。。。クラブが重しになってしまっていたのでした。

そこで、超苦手な腕とからだの連動、はけ塗りとシフトになります。

うう、終わらない・・・。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2014年01月27日 (月) | 編集 |
その2です。

2.そこに逃げ道があるから

この下半身の向きの変更で球は打てるということを思い出しても、イマイチ、イマニ、イマサンくらい捕まらないのは球が逃げる逃げ道ができているからなのでした。逃げ道とはロフトであり、今回は寝てしまうというよりも、まず寝っぱなしというところが元凶でありました。

アドレスでは基準とするところが、前傾している故に右を向くと前傾した上半身、あるいは骨盤でしょうか、へそに対して水平方向と申しましょうか、上半身の底と申しましょうか、ソコが基準になる故に、右を向いた時に地面を基準にしてしまうと、前傾姿勢分だけロフトが開くのは世の理というわけであります。

退路があれば逃げてしまうのが球の球たる所以でありますから、退路を断つ背水の陣で望むかと言うとさほど大げさなことではなく、前傾を保ったまましっかり下半身で向きを変更すれば自然とロフトは寝なくなり逃げ道もなくなるのであります。

続きます。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

+10
2014年01月26日 (日) | 編集 |
お久しぶりです。体重が10kg増えたごんごろです。

とても久しぶりに、横須賀を訪れました。寒い季節でも、相変わらずハミングバードスポルテは常春なのでした。

キーボードを叩くのもつらいほどの筋肉痛になりましたが、それ以上に収穫もありました。

未だに苦戦している 右肩下がり/アッパースウィング/左曲がり/ドドドフック 呼び方はなんでもよいのですが、そこのところを解決する為のアレのアレがアレしてアレな訳です。

前よりも悪くなっている・・・。とのことで、まずはいらない動作を取っ払って必要最小限のことからスタートと相成りました。

1.人は下半身の生き物である

必要最小限とはつまり、下半身の向きの変更のみで球を打つことで、腕は一旦お休みとなります。お休みと言っても向きの変更には追従しないと上半身の正面から外れてしまいますし、重いクラブを持っているので、向きが変更される体に動かされるという受動的な動きと言うよりも、体の向きの変更を先回りする能動的な追従といったところでしょうか。変な言葉です。

この全く力感も実感も無い、下半身の向きの変更で球は打てるということを思い出すのです。これが一つ目。ええ、忘れていました。忘れていましたとも。

続きます。

テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。