ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年09月14日 (木) | 編集 |

めげずに練習に行く。気分転換に練習場を変えてみる。

ガツンという硬い音が鳴り響く。トップ、手打ちの繰り返し。

70球を過ぎた頃、7Iでいい球が出た。

テークバックでは力を抜けていたが、トップでまた力が入っていたようだ。トップでも右手の力を抜いてみると、

カシュルルーン。

と心地よい打感と音の球がでた。気持ちいい~。

飛距離は140Yくらい。やっぱり前のクラブと同じくらいだ。

だが、球の高さが高すぎるような気がする。ということはフェースが開いている?

すくい打ちになっていて、フェースが開いているのだろうか。
それとも、入射角がきつすぎて、正規のロフトよりもフェースが開いているのか。

1Wは相変わらず安定せず。スライスしまくり。

アイアンの感覚で打とうとしても、どうしても力が入ってしまい、すくい打ちになる。力が要らないことはわかっているのだが・・・。

まっすぐ飛んでも、途中からスライスする。スライスしなくても、距離は今までと大差ない。

ショートアイアンも力が入ってしまう。トップしまくり。

わかっていてもできないのは、慣れの問題か。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。