ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年09月16日 (土) | 編集 |

ラウンド結果は最高だった。今年のベストスコアタイである。

クラブのおかげかどうかビミョーである。なにしろいきなりチップインバーディーだったから。

1Wは半分以上フェアウェイを捕らえた。OBは無し。それほど飛んでいない。最初に打ったショットが良かったので、そのイメージを繰り返した。再現性の高いショットを打てるクラブということか?

アイアンは半分くらいはミス。でも致命的なのはOB1回のみ。

アプローチはランニングが冴え渡った。寄せワンしまくりである。

ハミングバードスポーツのHPが更新されたので読んでみると、ランニングアプローチについて追加されていた。

ハイ、おっしゃるとおり、このクラブ使う前はランニングアプローチできませんでした。ころころ転がって行っちゃうので。スピンが効くとランニングはこんなに簡単だったのか、と目から鱗。

ラウンド前に偶然ランニングができるようになったこともラッキーだった。

パットは、アプローチのおかげで、1パットが多かった。2回3パットしてしまった。

スコアが(自分にとって)よかったのもあるが、今までしていたゴルフとちょっと違う感じがした。

ラウンドしているときは気づかなかったが、実はラウンド中ずーっとスイングのことばかり考えていた。もちろん同伴者と話したり、打つ方向を考えたり、グリーンの傾斜を読んだりしていたのだが、ほとんど上の空。

「どうやってさっき打ったときのスイングをもう一度打とうか」

大雑把に言うとこんなことをずっと考えてた。

再現しやすいスイングというのがいかに大事かが少し理解できた気がする。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。