ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年09月17日 (日) | 編集 |

ラウンド結果に気を良くして、また練習に行く。

練習が楽しくなってきた。これもクラブのおかげだろうか。

テークバックからトップで、イメージした胸の十字とフェース面の方向の関係(ほぼ平行)が変わらないようにすると、トップでも左手の甲がやや甲側に折れる。アドレスでも折れているので、これでよいのか。とにかく、アドレスの状態から、体は股関節上で回す。腕は上下動。

1Wが打てるようになってきた。フェンスの250Y表示板の下にキャリーで当たるようになった。これも前のクラブと同じくらい。でも力加減は体感で半分くらい。スライスだ。球筋は高い。スピンが多すぎなのだろうか、吹け上がっているように見える。

腕の上下動はダフりそうで怖い。1Wのように長いクラブだとさらに怖い。

球を捕まえる為に、入射角をクラブの長さなりに緩めたいが、入射角を緩くしようとすると、
やはりダフリそうだ。うーん。

そうこうしているうちに、アイアンが当たらなくなってしまった。1Wでは、まだ力が入っているようで、アイアンと交互に打つと、力みっぱなしになってくる。

力まないのが、こんなに難しいとは・・・。今までいかに無駄に力を使っていたことか。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。