ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年09月24日 (日) | 編集 |

ボールを捕まえる練習に励む。

6Iをがんばって打つも、全く捕まらず。原因は、体が開いてしまうこと。

1Wでがんばって打ってみたが、やはり体が開いてしまう。

左腕を伸ばしているが、それだけでは不十分だった。

テークバックでは、左手の甲が外側に折れるくらいの感覚でクラブを縦に上げる。クラブヘッドは、拳よりも体に近づけない。すると、適正なトップが作れる気がする。

あとは、左腕を伸ばして拳を飛球線後方の、できるだけ体から遠い位置に降ろす。肩はトップの位置まま。

球を捕まえた。やった。1Wでステップインしても大丈夫。

1Wで、キャリーで250Yくらい(奥の金網の下の坂にダイレクトに当たる。金網は270Y)。
9Wでも試してみる。キャリーで170Yくらい。180Yのグリーンまで転がる。
6Iでも試してみる。キャリーで150Y超えた。150Yのグリーンを超えて転がる。
PWでも試してみる。キャリーで120Yのグリーンに乗った。
AWでも試してみる。キャリーで90Yのグリーンを超え、120Yのグリーンの手前まで飛んだ。

キター!

飛ぶようになってきた。このクラブ、楽しすぎる。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。