ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年01月27日 (月) | 編集 |
その2です。

2.そこに逃げ道があるから

この下半身の向きの変更で球は打てるということを思い出しても、イマイチ、イマニ、イマサンくらい捕まらないのは球が逃げる逃げ道ができているからなのでした。逃げ道とはロフトであり、今回は寝てしまうというよりも、まず寝っぱなしというところが元凶でありました。

アドレスでは基準とするところが、前傾している故に右を向くと前傾した上半身、あるいは骨盤でしょうか、へそに対して水平方向と申しましょうか、上半身の底と申しましょうか、ソコが基準になる故に、右を向いた時に地面を基準にしてしまうと、前傾姿勢分だけロフトが開くのは世の理というわけであります。

退路があれば逃げてしまうのが球の球たる所以でありますから、退路を断つ背水の陣で望むかと言うとさほど大げさなことではなく、前傾を保ったまましっかり下半身で向きを変更すれば自然とロフトは寝なくなり逃げ道もなくなるのであります。

続きます。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。