ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月16日 (月) | 編集 |

パットというと、振り子の動きで打つ人が多いようです。
あのスペシャルなパターだと、どうなってしまうのでしょうか?

まず、あのパターは非常に重いパターです。ということは、他のクラブ同様慣性の力が
大きく作用してしまいます。「スウィングはパターも含めて全部一緒」なのですから、
試してみると、やっぱり一緒のようです。

準備は他のクラブと同様にして、「遅れないように」打ってみると、あれほど出ていた
ヒッカケが出ません。素晴らしい! けど、なぜでしょうか?

ヒッカケでは、左に打ち出します。フェースも左向きになってしまっているはずです。
ということは、支点よりもヘッドが先になってしまっている、振り子のように動いてしまっている、
右から左の動きの中ではヒットできずに、左股関節で詰まったか回転が始まったか、
「間に合わなかった」のではないでしょうか。

試しに意図的に間に合わせないと、やっぱりヒッカケます。間に合えば、ヘッドの姿勢も
安定したままヒットできる、そういうことでしょうか。

であれば、読みが合わないのでなければ、「パターだけダメ」なことは理論上無くなるはずです。
(全部ダメなことはありえますが・・・)

この調子でアプローチも上手くいけばよいのですが、球が飛ぶスピードをイメージしてクラブを動かす
のには少々練習が必要なようです。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。