ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年02月16日 (土) | 編集 |
バックスウィング、テークバック、テークアウェイ・・・。
呼び名は色々ありますが、まずはここに戻ります。

左に打ち出してしまう・・・。とっても問題なのですが、右に打とうとしても直りませんでした。

左に打ち出すということは、飛球線に胸が正対せず、左を向いてから球に当たった、ということでしょうか。
とすれば、飛球線に胸が正対した時はどうしていたかと言うと、球にはまだ当たっていません。
クラブは・・・、胸の正面の右側にあった、右側に外れていた、ということになりますか。

何故右に外れたのか
 動き始めから問題はありましたが、重要なポイントは、テークアウェイで左腕を捻る、左腕を上げるという不要な動きでした。不要なのだからやめればよいじゃない!と簡単にはいきませんでした。癖になってますから。

どうすれば止められるのか
 不要なんだとわからせる為には、「無い方が(結果が)よい」という経験を積むのがよいかなと思いました。
なまけものの人間の習性を利用するわけです。

結果は、もちろん「まっすぐいって飛ぶっ!」のがよいのでしょうが、まずは無理せずちょっとしたことからがよいかもしれません。

「右に打ち出す」でもよいのかもしれませんが、「インパクトが早い時期になる」をよい結果としてみました。

前々から不思議に思っていたのですが、所謂悶絶クラブは、トップからあっという間にインパクトになった時に気持ちのよい打感になることが多いからです。

早いインパクト?
 インパクトが早く(速くじゃなくて)なるということは、どういうことなのでしょうか。
何に対して早いのか、と言うことで、自分の予想よりも早いというわけです。
自分の予測はどこから来るのかというと、自身の経験から「このくらい」と思うわけで、経験していたインパクトの時期よりも「早い」インパクトということになりますが、どうすれば早くなるのかというと、「動きを速くする」、「動く時期を早くする」、「動く道のりを短くする」の3点でしょうか。

「動きを速くする」は最悪な手段なので、残るは「動く時期を早くする」と「動く道のりを短くする」の2つです。

動く道のりを短くする
 テークアウェイで左腕を捻る、左腕を上げるは、動く道のりを長くします。テークアウェイで右を向く過程で左腕を動かしているので、少し左腕を上げただけでも、クラブはかなり右に外れます。クラブ全体が右に外れるだけでなく、グリップよりもクラブヘッドの方が大きく右に外れる、すなわちロフトが寝る方向ですね。

これを止める為に、左上腕を動かさず、左肘を曲げて左前腕のみ動かす、という方法を習いました。左腕主導で動かすのではなく、あくまで右肘の動きに合わせる、といった程度です。

そしてクラブが動きすぎるのを止めるサインとして、テークアウェイ中に右手の親指と人差し指の間に感じるクラブの重さを習いました。ここに重みを感じたら、テークアウェイ終了です。

動く時期を早くする
 クラブも体も同時に動いてしまえば、重くて遠いクラブは必然的に遅れます。右に外れてしまうわけです。クラブは先端が重いし、回転軸からも遠いので、体の向きの変更の速さにはかなわないのです。

右に外れつつあるクラブを、飛球線と正対するまでに左足前にある球に届く位置まで移動するのは至難の業なので、飛球線と正対する前に、クラブを「左足前にある球に届く位置」まで移動しておけば、後は向きを変えるだけで球に当たるはずです。つまりトップからクラブを先に動かすわけです。そして動かしたクラブによって、体の向きを変えることができれば、クラブと体を同調させることを気にせずに、勝手に同調するような気がします。

腕の動きでクラブを動かして球に当てていた今までの動きと比べると、体の向きの変更のみで球に当たる時はほんの一瞬の時間で、何もできません。実感が無いまま球に当たるので、その時期はとてもとても早く感じます。


ところで右に外れたままだとどうなってしまうのでしょうか。
私の場合は、ダウンですぐに体の向きを変えようとする動きが入ってしまいました。
右に外れたまま、つまり遅れたままでは球に当たらないので、遅れを解消しようとしてしまったのですかね。
遅れたままだと、遅れを解消しようとする無駄な動きが、特にダウン以降で入ってしまう気がします。

そうではなく、遅れないように、つまり右に外さないようにすればよかったんですね。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
帰りを小さくする準備ということでしょうか?行きのほうが大きいところから始まってますので。
2013/02/16(Sat) 20:17 | URL  | 練習キライ #-[ 編集]
重要なのは 体の満足感で、腕の動作量の満足感ではないという事でしょうね。 簡単じゃないけど。。。
2013/02/17(Sun) 12:48 | URL  | 症さ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
そうかもしれません。
2013/02/26(Tue) 19:03 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
このカラダを満足させて~
2013/02/26(Tue) 19:04 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
ええの? 満足させてあげる。
2013/03/06(Wed) 20:34 | URL  | 症さ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。