ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年01月14日 (月) | 編集 |
更に続きです。

左肘の動きがよくなかったのは、きっとトップから飛球線方向に左肘を動かそうとしていたからなのだと思います。

そうした方が球に向かって動かしているような気になりますが、実際には体の幅から外れて、グリップは体の幅の
左側、ヘッドは右側と見事にロフトが寝てしまっているようです。

腕だけが動く時間が無くなってしまうのも問題です。

調子が悪くなった時、迷った時は、アプローチに戻るのが今一番確実な調子をよくする方法です。アプローチで右肘と右向き、左肘と左向きを確認したのち、腕だけ動かすほんのちょっとの時間を確認することで、アプローチからフルショットが繋がるようになってきました。

この、トップからの腕だけ動かすときに、前腕が一番先に動かしたい方向に動くような感覚で左肘を動かすと、トップからインパクトまでの時間がとても短くなりました。感覚的には腕は球から遠ざけているようですが、実際は一瞬でインパクトしているように感じます。しかも、左肘を動かすスピードには依存しない早さです。

この動かし方で、自然と右腕が伸ばされているようで、どこにも負荷が掛からずにインパクト~フィニッシュでよい位置にクラブが収まりました。

しかし、これでもまだ球は真ん中~左目に出ます。

左肘を動かす時に、ヘッドもフェースを閉じつつ同じ方向に動かすような、フェースを地面に向けつつ肘を動かす方向に動かすような、一見打撃に何も関係ないような、むしろ上手く打てないんじゃないかと錯覚するような不思議な動きを入れると、右目~真ん中に球が出るようになりました。

ここまでで一旦小休止し、アイアンを全番手打ってみると、番手なりの飛距離で、ほぼ直線上に着弾するという、なんとも嬉しい結果となりました。ミスしてもほぼ直線上で距離が落ちるだけでした。

ようやくここまで来たので、次はドライバーになります。直ドラの練習ですね。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
5秒でできる
3UuqO02j
マジでヤれる5秒前

マジヤリSNS
http://9D6Z23z3.faithbook-lite.com/9D6Z23z3/
2013/01/25(Fri) 11:38 | URL  | 5セック #fYJtGIS6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。