ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年01月14日 (月) | 編集 |
続きです。

3連休なので3日連続で練習してみました。

体の幅にクラブが収まってきたら、次は加速しようとする腕の動きを等速の動きに直していきます。
体の動きに同調した動き、とも言えるかもしれません。

体の幅というのはかなり狭く、体の幅からはみ出さずにクラブを動かそうとすると、クラブは体に対してはほんの少ししか動かせません。つまり腕の動きもほんの少しということになります。

テークバック、テークアウェイ、右に向きを変える場合は、右肘で体の向きを変え、
ダウン、フォロー、左に向きを変える場合は、左肘で体の向きを変えるという原則で、
滑らかに、すーっと体の向きを変えます。瞬発力ではなく、等速運動になるので、
体感としてはかなりゆっくり動く、踊りとかダンスとか太極拳みたいな動きかもしれません。

トップからだと、腕の動きはせいぜい体の幅に収まる範囲、ダウンが途中で終わるくらいで完了となり、
後は体が回るだけ・・・。となれば、ダウンの途中でインパクトが来るような感覚と一致します。
あっという間にインパクトとなりますから、ダウン途中からインパクトまでに腕で何かをしようなどと考えるのは正気の沙汰とは思えません。

加速してしまう動きがなかなか取れず、50球目くらいからようやく等速の動きになれました。
加速の動きで打つ球は硬く、この時期は痛いので打ちたくないですね。
最初から等速の動きになれれば、冬でも柔らかい感触の球になるので苦になりません。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。