ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年06月22日 (金) | 編集 |
日曜日も空いていると思ったらいつも通り混んでいました。
予選落ちしたからかな・・・。


たまにレンジに行くと試打コーナーができていたりして、有名メーカーのクラブやら所謂地クラブやらをお試しできたりします。

その日も試打コーナーができていました。でも知らないメーカーでした。地クラブ屋さんみたいです。
余り気にしていなかったのですが、五月蝿い少々騒がしかったので、ちょっと覗いてみました。

それが、軟らかいシャフトの地クラブだったのです(聞いたことない名前でしたが、もしかしたらゴルフ雑誌とかには載ってたりするかも)。

市販クラブに全く興味は無いので試打も何年もしていなかったのですが、ちょっと面白そうに思いました。

そのクラブ屋さんはレッスンもしていて、割と上から目線で畳み込むようにしゃべりまくっていてそれも面白そうだったのですが、
「軟らかい」とか「重い」とか聞くと「どれくらいやっこいの?」「どれくらい重いの?」と野次馬根性が出てしまうのは
致し方ないところではないかと思います。

恐らく、市販クラブの平均値よりも軟らかいシャフトを使っているのだと思います。

ヘッドスピードを聞かれたので、適当に答えました。もうヘッドスピードもいくつなのかわかりません。(^_^;;;

そして渡されたクラブ。撓りはするものの死ぬほど軽い・・・。
ここはシャフトの軟らかさに驚くところなのでしょうが、正直「ドヤ顔されても・・・」という感じなのでガッカリ顔を隠すのが精一杯でした。

もしかして軟らかいシャフトをもたせる為に軽いヘッドにしている?
あるいは気のせいなのかもしれませんが、あからさまにやる気を無くすのもアレなのでとりあえず打ってみることに。

トップになってもちっとも動こうとしないので、仕方なく自分が動くことに。軽すぎて、何だか発泡スチロールでできた本物ソックリの岩を持たされた時のように想定した重さとのギャップに「アレ!?」ってな感じになってしまい、ヒッカケに。

えっ?手を返しちゃダメ?

まったくそんなつもりは無いのですが、もしかしたら左にヒッカケた場合は手を返したことになるのでしょうか・・・。

えっ?チカラ入れちゃダメ?振るの?

力入れるんだか入れないんだかわからない指示なのでスルーしました。(^_^;;;

ちっとも面白く無いので別なクラブを打ってみることにしました。
いえいえ、硬いのじゃなくて、もっとやっこいの。
これ一番やっこいの?
違う?
じゃあ一番やっこいやつ打たせて。

少々想定外のお客さんだったようで、やりにくそうでしたが、一番やっこいのを打たせてもらうことに。

・・・。
うーん。
これが一番なの?
そうなの?
隠してない?
・・・そうなんだ。

若干重くなったような気がしますが大差なしで、がっかりです。

とまあ、シャフトが軟らかいだけでは・・・。ということがよーくわかりました。

ヘッド重量は必須ですので、「軟らかいシャフトは試したけど・・・」という方は、重いヘッドも合わせてどうぞ。

地クラブで有名メーカーと同じようなクラブを作っても仕方ないと思いますので、こちらのクラブ屋さんも頑張って欲しいです。

もっとやっこいのができたらまた打たせてねー。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。