ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年05月12日 (土) | 編集 |
「天の階段、天の蓑虫、人の魂いざなう」


なんやかんやと⑨まで来てしまい、そろそろ題名を変えようかと思案中。

コスリ気味なのは何故?というところの答えを求め、いざ練習場へ。
今日は涼しいからか、連休明けで皆疲れているのか、空いていました。

早速下記の記事を参考に、シフトの練習!

体の回転~向きの変更
体の向きの変更 の サンプル
体の向きの変更/回転はゆっくりと
サンプル
体の向きの変更の速度
さんぷる
体の回転を考えの真ん中に♡

今の状態は、トップで胸が右向きの状態から、球を打つ前に胸が正面を向き(最下点?)、球を打つ際には胸は左向き、となっているのではないかと思われます。
間違っているかもしれませんが、下記のようなイメージです。

・胸が右向き →体の右側が高い    →ロフト立つ
・胸が正面  →体の左右の高さは同じ →ロフト標準(但し、ヘッドが上から入る分実質ロフト寝てる?)
・胸が左向き →体の左側が高い    →ロフト寝る

これではダフるだけなので、必要以上にヘッドを高く通しているのか、遅らせているのか、して無駄な調整が入っていそうな気がします。

であるならば、左足で体重を受けとめるようなシフトをする時には、この無駄な調整を止めなければまともに当たらないことになります。

ということを承知してシフトしてみました。

当たり前ですがまともに当たりません。

ですが「この時点では」これでよいのです。当たらなくて当たり前なのですから。

シフトが正しくできたとして、調整が入れば当たりません。
シフトを間違った今のままで、調整を止めてもやはり当たりません。

シフトを正しくしてから調整を止めるようにするのか、間違ったシフトのまま調整を止めてからシフトを正しくするのか、これまた鶏と卵のようになってしまいます。同時にできればよいですが、私はそれほど器用では無いので、片方ずつしかできない・・・。

ならば、両方ができるようになるまでは、まともに当たらないことを許容しなくてはなりません。

言うのは簡単ですが、練習場で当たらないというのは、実際にはとても辛いことです。

だから、当たらないということを覚悟して望まなければ、結局、変える/変わることはできないのではないでしょうか?

今日の覚悟はどうだったかというと、半分くらいでしょうか。

変えたい気持ちと、よい球打ちたい気持ちが半々くらい。

変えたい気持ちが半分超えれば、両方できそうな気がします。


あーーーーーーーーーーーー!!!!! ⑨まで来ても終わらなかった!!!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
No title
「練習場で当たらないのは、実際にはとても辛いことです。」、その通りです。当たらなくて良いと割り切れるのは人の道にはずれますよね。
2012/05/12(Sat) 15:16 | URL  | 練習キライ #-[ 編集]
人間なんだから欲も見栄もあって当たり前!ですよねー。ハア・・・。横須賀だと気にならないんだけどな~
2012/05/12(Sat) 15:29 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。