ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年04月03日 (火) | 編集 |
「これを認めなくちゃならんのだよ。現実なんだから」


今日も練習場で一人振らない練習です。さすがに第一段階まではすぐに行けました。

ここから、クラブを肘で動かしつつ、体も・・・。あれ?
体が、体を、動かしてしまうと、うまくいきません。
体を動かす、体を回してしまうと、クラブとクラブを持つ腕はサヨナラしてしまいます。
バラバラになってしまいます。
確かに、腕は体から生えているだけだし、クラブという重しも持っています。

ゴルフでよく、腕を体を同期させる、みたいなことを耳にします。

それでは、と体の動きに腕が遅れないようにする?

重し(クラブ)持ってるのに?


また、よくヘッドの軌道を横長の楕円や、球の近くだけ直線になった曲線で表している絵を見ます。
あの絵からイメージされる動きは、回転してから平行移動する、ではないでしょうか?
そんなことができるのでしょうか?

体を回転させるとは考えたくないのですが、やはり変えた向きが戻るときにはどうしたって体は腕やクラブよりも回転軸の近くにあるはずです。体の向きを体で変えてしまえば、腕とクラブは元々あった場所よりも遅れて、ずれてしまうのではないでしょうか?ずれたら帳尻を合わせない限りは球に当たる位置に戻りません。

そして、回転、とした場合は必ず軸ができてしまいます。これは全く体重移動・重心移動と合致しません。左右どちらの足を軸にしたとしても、あるいは無理やり体を捻って体の中心で回転しようとしても、体の重さは回転軸を中心に回るだけ・・・。

こんなの「移動」って言わないんじゃない?

重し(クラブ)を持ってるのに、腕は遅れないようにする。→そもそも腕が体についていくというのが無理
向きを戻すのに、移動もする。→向きを変えるのに、必ずしも軸が固定される必要は無い

両方を一度に解決するには、やはり言われたとおりにやるしかないのです。



しっかし、クラブがあると、世の中の所謂「スウィング」ってやつはすっごくやりにくくなっちゃうのはなぜ?
でもクラブがあるからこそゴルフなはずなのに。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。