ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年03月30日 (金) | 編集 |
「おたわむれを」


何とかレンジに行く気になる気温になってきました。

さっぱり休めそうな気配が無いのですが、気温が上がってくると活動し始める小動物や魚のように、恐る恐る練習場に顔を出してきました。

まだまだ空気は冷たいのですが、体を動かせば何とかなりそうです。グリップが冷たくないだけでも御の字。

最初から姿勢の管理をしたくなるのはやはりクラブのお陰でしょう。そう気づかせてくれただけでもものすごく価値があるのです。世の中の大部分のゴルファーは全く共感できないでしょうけど。不思議なことに、しばらくゴルフのことを考えていなくとも、重くて軟らかいシャフトのクラブを握ると、危機感からなのか、管理をしたくなるのです。

確かに方法論はあるのですが、何となーく「重いなあ」から、まず位置エネルギーを増やしたくなる衝動に駆られ、「ヘッドを上げたいなあ」となり、続いてやっぱり方向成分を入れたくなるので「右向きたいなあ」となり、いつの間にかトップおぶスウィングってやつです。

それはそれとして、ちょっと小耳に挟んだというか練習場で聞こえてきた話題で、「ネットで偽モノクラブをつかまされた」てな面白情報がありました。人の不幸を喜んでいるわけではなく、ご愁傷様といった感じなのですが、まあ有名メーカーの偽モノですが見た目はソックリでした。昔よく見た、一目でわかるなんちゃって○クシオとか、全然分野が異なりますが私の大好きな「ガンガル」とか「それで似せたつもりかよっ!」と突っ込みたくなる、そういった類のものではなく、印字が微妙に異なる、ヘッド形状も飾りの部分が微妙に異なる、本物として売る為に作った偽モノ、偽ブランドバッグみたいな精巧な(というのも変な表現ですが・・・)やつでした。そんな微妙な違いが結果に表れるのか、といった疑問も当然あります。ありますがそこは余り問題にはなっていないようでした。恐らく友人と同じクラブを買おうとしてネットを彷徨い、決算セール的なお買い得クラブをクリックしてウハウハでレンジに来てよく見比べてみたら偽モノだったという、日本昔話の残念な話の回のような事例らしいです。

見た目大差無いものですから、本物を持っていらしたの方は偽モノと打ち比べて「やっぱり偽モノだな」みたいなコメントでつかまされた方に追い討ちを掛けたりする、ほほえまし、もとい、残酷なのですが、傍から見ていると大差無く、むしろ「偽モノの方がいくらかマシな球なのでは?」と思い、周りの方々の表情を確認するとやはり錯覚でもなさげな感じで、偽モノをつかまされた方が鼻高々だったのが、ますます日本昔話的なノリになって、つい、ついウキウキしてしまったのは猛省すべきと思ったりしていました。

このような、かつての「なんちゃって○○」ではない「ソックリ○○」なクラブが出回るのは海外生産しているからではないかと勘繰りたくなり、それはそれで面白事象なのではありますが、実は偽モノのシャフトが本物よりも軟らかかっただけなんじゃないかとも思ったりして、なかなか理解されない切ない気持ちで一杯になります。

それはそれで憂うべき事態ではあるのですが、そもそも「本物」と言っているクラブは本物のクラブなのか?という疑問もあるわけです。「本物と思っていたものが実は偽モノだった」という意味では無く、ゴルフクラブとしてそもそも市販の有名メーカーのものは・・・、といったことで、実は世のゴルファーが騙されている振りをして私にドッキリを仕掛けているのではないかと疑りたくなるくらい画一的な意見ばかりで他の意見は猛烈に排除しようとする文化な不思議な感覚なのですがその中にいるとわからないでしょうし、気づいたとしてもどうせ「本物」とやらを使い続けるなら一生騙されていたほうが幸せなんじゃ? と思わなくも無いので一歩どころか三歩くらい引いて、できればお近づきになりたくない気持ちでいっぱいになってしまうのも消極的だし反省材料かと思います。

それは在りし日の横須賀で「○○○マナは○モノ」発言の衝撃的な記憶がきっかけだったりするのでした。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
ごちそうさまでした
先程は有り難うございました。
お目にかかれて光栄でした。
今後もよろしくお願いします。


2012/03/30(Fri) 15:23 | URL  | 埼玉のS #-[ 編集]
Re: ごちそうさまでした
こちらこそありがとうございました。
ラブラブなところをお邪魔してしまったようで・・・。
またよろしくお願いしまーす。
2012/03/30(Fri) 22:53 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
No title
ゴルフ行きましょう。
2012/04/02(Mon) 10:31 | URL  | 長野のS #-[ 編集]
Re: No title
2月3月は結局予定が立たずにごめんなさい。4月行きましょう。予定が立てられそうになったら連絡シマース
2012/04/03(Tue) 08:03 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。