ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年09月24日 (土) | 編集 |
「ぬっじゃくもーい」


もれなくブラックホールが付いてくるクラブ、というのも類を見ないですが、「落ちる」というのは長所にもなります。どのようなクラブも球に当たってナンボなのですから、球に向かって落ちればブラックホールが天国への階段になるわけです。



ヘッドが重いクラブは、ヘッドの重さがあります。当たり前なことですが、そのままでは「ある」「存在する」だけです。常に重さは重くあり続けるのですから、その存在を無視しても無くなるわけではありません。逆に軽いヘッドのクラブは最初から重さが足り「ない」のですから、高速に振っても元々存在感の薄いものがほんの少し存在感が増すだけ、しかも一瞬、儚いものなのです。



重いクラブは天国か地獄か。半か丁かの博打ということではありません。天国に居たい、ヘッドの重さを味方にしたい、何をおいてもまずそう考える、第一優先事項である限りは、居続けることができます。飛ばしたい、という気持ちは地獄への片道切符になりえます。書いてある通りのこと、言われた通りのことをやる、いたって単純なことですが、忠実にその通り実行するには軽いクラブで得た技を捨てる必要はあります。軽いクラブによる経験を元にしたアレンジはことごとく地獄に導くことになりますが、すっぱり捨てることができれば天国です。

技術より思考の方が重要と思いますが、あえて技術として見た場合、非常に特徴的と感じています。

他の方法、すなわち軽いクラブによるテクニック・スウィングは熟練するほどに難易度が増していくようです。
体の扱いや技術が高度に、且つ、難しくなっていく、あるいは、小さな筋肉による僅かな時間の微妙な動作になっていく。
そのややっこしくて こまっかいのが秘伝やコツとしてそれぞれの理論の違いとなっているように思います。

重いクラブの場合はそうではありません。

軽いクラブで打つのと比較して、重いクラブで打つ場合は逆に熟練するほどに単純に楽になっていくのがとても面白く興味深いです。経験はありませんが無駄な動作を削ぎ落としていく様は武道に似ているようにも思います。かといって武道のように身体能力が必須というわけでもないのがまた面白い!



最近運動不足ですぐに筋肉痛になってしまいます。個人的には、デスクワークが主な日常生活の中で肘を肩くらいまで上げることがほとんど無いので、肘を上げることが少々(かなり!?)苦手です。更に言うと、重いものを持って肘を上げることが皆無に近いです。練習場に行けないのであれば、せめて例のトップの形をクラブを持って作る練習ができれば筋肉痛は解消するのでは?と思っています。ウェッジなら室内でもできそうです。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。