ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年04月29日 (金) | 編集 |
いよいよGWです。それどころでないかもしれませんが、できる範囲で活性化を図ります。


関東はぐっと気温が上がり、寒さに弱い者としては過ごしやすくなってきました。

グリップ入れたらすぐには打てません。入れてもすぐに動かさず、6時間待ちましょう。焦れてくるのも一興。久しぶりの練習場、ちょっと緊張します。余りの緊張にしばらくグローブつけるのを忘れていました。付け忘れはいけません。でも時と場合によってはいいのかもしれません。

まだヘッドを落としてしまっているか遠回りしているようで、開始早々は猛烈なフックで度肝を抜かれます。徐々にまっすぐになっていくのですが、最初からまっすぐに打ち出せるようにするのが課題です。

今日は練習場で偶然知り合いに会いました。久しぶりでしたから色々話をしましたが、パットの話になったので、色々教わりました。知っていることでも実際やってみたり、できているかどうかを自己判断だけでなく人から見てもらうのもとても役立ちます。嫌でもヘッドに意識がいくこのパターは素晴らしい。視覚に頼って開き気味になる癖の原因がよくわかりました。ヘッドが「重」要なのです。

ハミングバードのパターがどういうものか知らなくても、このパターで打った球を見ると「ころがりがよい」と思うでしょう。練習場の人工芝のグリーンであっても、その差がわかるのです。長年経験を積んで「知っている」ラインは通らず、内側を通る。あるいは曲がるはずのラインで曲がらない。自分のパターでは何度打っても曲がる。そのラインを通すにはかなりオーバーを覚悟して強く打つしかない。でも何故かこのパターはぴったりの距離でも曲がらない。その方と私が同じところからラインを読んでも、距離感含めて同じ読みになることは無いのでしょう。

ハミングバードのパターにして以来、他のパターで打ってみたことは皆無に近い状態だったのですが、今日は話の流れでその方のパターを借りて打ってみました。結果は散々なのは当たり前なのですが、ハミングバードのパターでは無い、市販のパターを使っている方が「距離感」をとても重視する理由がとてもよくわかりました。ハミングバードのパター、重いL字ならもちろんベティでも、を使っていると「距離感」はあまり、いやほとんど気にならなくなっていました。パットで「距離感」に神経を使わなくてよいということがどれだけ素晴らしいことか、当たり前になっていましたが、とても贅沢なことなんですね。

パターをお借りする際、流れでうっかりL字パターをその方に「持って」もらいました。恩を仇で返してしまったかもしれません・・・。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。