ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年12月08日 (水) | 編集 |
ノートパソコンの前にプリンタ不調になっちゃった・・・。



遠心力という言葉、ゴルファーにはかなりそそる言葉のような気がします。「水の入ったバケツを逆さになるようにぐるぐる振り回しても水はこぼれない」等の例でもよく知られた身近な現象であり、いわゆる理系の香りも程よくするので知的な雰囲気も醸し出せる、非常に使い勝手のよい言葉のように思います。

遠心力と言えば回転のイメージでしょう。ゴルフに遠心力と言うと、まずゴルフクラブそのものを回転させる、弧のイメージを持つゴルファーが大多数ではないでしょうか(調べたことはありませんが)。普段クラブを振っている感覚と、回転から生じる遠心力のイメージがばっちり合うので疑いの余地が無いのかもしれません。クラブを振れば、クラブヘッドが体から離れようとする力を感じるので、「これが球を飛ばす力の源か!」と私も思っていました。思いっきり振れば振るほど強い力を感じますから、自分の力感とも合致し、その思いをより強固なものとしていくのでしょう。

遠心力は回転運動から生じます。回転すること自体から直接エネルギーを得る場合は、ハンマー投げのように何度も回転できることが前提のことが多いです。ゴルフの場合は大体半回転程度です。この前提で遠心力を球を飛ばすエネルギーにできるのでしょうか? 遠心力にとって余りに不利な条件ではないでしょうか。本当に大多数の人にできるのでしょうか? 「遠心力」って言いたいだけなんじゃないでしょうか。

遠心力を球を潰すエネルギーとして使えるか否かは別にして、使おうとした場合はどうなるのでしょうか。できるだけ大きなエネルギーを作り出そうと考えると、ヘッドを動かすスピードとヘッドを動かす助走が必要になります。重力に逆らって速く動かそうとすればヘッドは遅れロフトを失い、長く動かそうとすれば動かしているうちにヘッドは下がり位置エネルギーを失い・・・。たかが遠心力によるエネルギーを得ようとするだけで、なんだか失うものが大きすぎないでしょうか。

遠心力によるエネルギーを得られたとして、どのようにして球に伝えるのでしょうか。力が働く方向はソールの方向で、ヘッドが球に近づく時には地面に向いています。ソールで球を地面に押し付けて潰す?


それでは遠心力を単にヘッドの重心位置を動かす為「だけ」に使うとしたらどうでしょうか。遠心力によるエネルギーそのものを直接利用するのではなく、シャフトが変形して重心位置が揃う方向に動いてくれればよいだけなら、シャフトは軟らかくヘッドが重い方が、より少ない遠心力で済む、クラブを速く、たくさん動かさずに済むのではないでしょうか。重心の位置は浅い方がもっと簡単と考えることができるかもしれませんが、ヘッド自身を動かしたいなら、重心の位置が深い方がたくさん動きますし動く方向が安定するのではないでしょうか。重心の位置、シャフトに対する相対的な位置はどうでしょうか。重ければ下がりやすい、重力の方向に動きやすいのですから、シャフトに対して重力の働く方向と逆側に重心があれば、更に重心の位置は揃いやすくならないでしょうか。これだけお膳立てが整えば、ほんの少しの、大した速さでない動きで十分なのではないでしょうか。

そうなら、スウィング、即ち人間の動きとして遠心力、遠心力を発生させる回転、を意識する必要など無く、むしろそんな意識は邪魔なのではないでしょうか。

ここで疑問が生じます。回転とか弧の動きは押す向きが変わるから駄目だとわかったのに、遠心力を発生させるには結局回転させなきゃ、弧の動きをさせないといけないのではないか? これは私にとって非常に難解な疑問です。

遠心力が補助ならどうなれば球は潰れるのか・・・、うーんなかなか終わりません。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
ドゥーノット
傾き ってあるじゃない?!
2010/12/09(Thu) 02:04 | URL  | フォゲット #-[ 編集]
Re: ドゥーノット
そう、それなのですけど、別シリーズで深く掘り下げたいところであります。
2010/12/09(Thu) 20:57 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
第3の足
それとね 下に振る
って 何を相対に
下 と言っているのかしら?!
2010/12/09(Thu) 21:49 | URL  | ファイト! #-[ 編集]
Re: 第3の足
下に向いた時の下はどっちだということですよね。
2010/12/11(Sat) 09:26 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
ワカイっていいなぁ~
いや
欲求として「振りたい!」というのは
具体的に 何を指すのか?
まず 把握する必要があるのです。
何をすると 振る! と言う欲求が満たされるのか?

その時の 「下」は一体どれなのか
単に 下だと思っているベクトルが
間違っているだけじゃないのかと?!
2010/12/11(Sat) 16:29 | URL  | 直立不動足 #-[ 編集]
Re: ワカイっていいなぁ~
難しくて三日寝込みました。

私にとっての振りたい欲求は球に届かせたいからです。
でも左足に体重が乗る前に振っても届きません。
体の向きが変わることによる弧の場合は左足に乗っていないと届かないはずだと思っています。

となると、右を向いている時は左上が下???
2010/12/12(Sun) 21:14 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
No title
私は、右足が立っているうちに振らないと届かないのですが、左足に乗ってから振ると、ヘッドが左へ動いてしまいトップします。左へ乗ってからスタートだと、ヘッドを遅れさせた感じがあります。感覚だけですみません。
2010/12/13(Mon) 22:02 | URL  | 練習キライ #-[ 編集]
Re: No title
私の「振る」イメージは、体を止めて回転するイメージなのです。

そうだとすると振っている感覚がまるでありません。でも球には届いている。

上手くまとまらないのですが、左足に乗ること自体が振っていることの一部のような・・・。
2010/12/14(Tue) 20:35 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。