ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月18日 (水) | 編集 |

ここ数日は天気もよいのですが、相変わらず練習には行けていません。これが一番の問題です。

サスケ(忍者)が敵を斬るときの手と体の距離が例えです。念の為、ゴルフの話題です。
忍者が背中に背負った刀を抜いて敵を切るには、手は体から遠ざけずに、体の前に持ってくることで
切っ先が敵に当るのです。手を敵の方向に、体から離すように動かしたのでは、手は敵に近づきますが
刀の先は遅れます。そうなれば先に敵に斬られてしまうでしょう。よく知らないのですが、
刀って相当重いのですかね?

回転が伴う運動では、回転軸から遠い位置にあるものほど、重力・遠心力の影響を大きく受けるはずです。
回転軸から遠くにあるものを、近くにある支点から弧を描くように動かしてしまうと、動かそうと
した軌跡よりも大回りしようと、下に落ちようとするはずです。つまり、重量物は回線軸から離れれば
離れるほど、動かすのにも支えるのにもより大きな力が必要になるし、力を加える方向とは別の力を強く受けて
動かしたい方向には動かしづらいことになります?

キャッチャーがセカンドに球を投げる動きとの説明がありましたが、私は野球には明るくないので
あまりピンと来ませんでした(素人なので、野球のボールも弧を描くように投げてしまいます)。
砲丸投げのような感じでしょうか? 砲丸はとっても重いから、体から手を離したら投げられませんよね。
体を回転して頭の斜め後ろ辺り?で構え、そのまま体は回転しつつ手は体の近くを真っ直ぐ動かす?
体育でやったのは遠い昔なので、よく覚えていませんがそんな感じだったような気がします。

体の近く、すなわち回転軸の近くでまっすぐ手を動かす、突き出すように動かすことで、結果的に
振っているように見えるのですが、動いている本人はもちろん振るようには動かしてはいない。

ここでちょっと疑問が生じます。遠心力はどうなるのでしょうか? まっすぐ動かしても遠心力は
働かないのではないでしょうか? いや、体は回転しているのだから、働いているはずですか。

ともかく、遅れがちな手をインパクトに間に合わせるには、負荷が大きくなるような状態にはできません。

といった楽しいお話から現実に戻ると、遅れがちな手をインパクトに間に合わせるには、負荷が
大きくなるような状態にはできません。ゴルフでも体から手を遠ざけない動きになるはずです。

意図的にでも無意識にでも手を遅らせる、手を伸ばしてアークを大きくしようとする、
手を支点にクラブを振り子のように動かす、これらは全部、重力と水平方向に自分の力でクラブを振る動き
になるのではないでしょうか。そういうのは他の人におまかせして、自分が使う力は最小限にしてクラブの
機能を最大限に生かすための動きを目指さなくてはなりません。最短で動かしたいのに、動かしたい方向には
動かさない、うーん、「ややこしや~」です。

となると、必然的にトップでは右も左も肘が曲がってしまいます。テークバックの動きが速すぎると、
クラブに働く慣性の力が大きくなって、トップまでの間に手が体から離れようとしたり、クラブが
背中側に傾いたりしてしまいます。やっぱり、テークバックでは勢いをつけたりせず、ゆっくりその
ポジジョンにそのクラブの姿勢のままを持っていくことが必要になるのでしょう。離したくないときには
手が離れ、離したいときには離れない、力の使い方が悪いのか、やっかいです。

「トップの形はこう」と教わって、あるいはスウィングを見てやるのと、「こうする為にはトップでは
必然的にこういう形になってしまう」というのでは、例え同じ形になっても、中身が全然違うのでは
ないかと思います。やっぱり何をするにも目的・理由があるわけで、どうする、という手段は目的ではない
はずです。この辺も、頭の固い私には難しいところです。

#閑話休題
世の中便利になったものです。携帯電話など、いつでも動画を見ることができるようになりました。
私も例のスウィング動画を携帯に入れて時折眺めるのですが、傍から見ると「おっさんの動画を
熱心に見ているおっさん」です(おっさん呼ばわりしてごめんなさい!)。いえ、ソッチの趣味はありません。
もちろん「経典」も携帯に入ってます。家族の視線は冷たい・・・です。

まだまだ続きます。
私の脳細胞も相当衰えているので、さっさと書かないとどんどん忘れていってしまいますね。
でも毎日書くのはやっぱり無理です!

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。