ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年11月30日 (火) | 編集 |
「支持率がッ、1%を切るまでッ、総理を辞めない!」


今日は例の打席の中でも特等席である鏡前を陣取ってみました。横須賀巨大テレビ打席風です。

打ち放題も惹かれましたが、最近球打ってないことも鑑みて今回はパス。鏡を見つつ、クラブを上げる練習をひたすら続けます。あー、もう忘れかけてるし・・・。

お次はダウンなのですが、キャストしまくりで届きません。届かないのに下げちゃいけないってどういうことだ!とやり場の無い怒りに身を任せそうになりますが、そんな時は気分転換にパターです。不思議とパターだとキャストしなくなるので(当たり前か)、パターに慣れたらおもむろにドライバーを取り出します。燃える男の熱いドライバーをそーっと動かすのはなんだかおかしいのですが、笑いながら打っていると通報されそうなので堪えます。あーそう言えば上がるってことは近いってことで、下がるってことは遠いってことだったっけかと右肘をインパクト前に伸ばしきらないようにするといきなり恐ろしい動きになるのでちょっとビビリます。

ところでモーメントというと回転を連想させますが、慣性モーメントは回転しにくさ、止まりにくさを表しているんじゃなかったのかいなと思わなくもないのです。キャストさせてしまうと思いっきり落ちようとするように感じます。理想的な入射角の下から入るような感じです。上から見ると、理想的な軌跡の外側を通る感じです。葡萄の外側・下側です。キャストを止め、ヘッドとグリップの移動量を合わせます。同じ重量なら同じだけ動かす感覚ですが、重いのは動きにくいのですから、動きにくいところは多めに、動きやすいところは少なめに、とすると移動量が合うのかもしれません。更に体の近くを通すとヘッドは何故か葡萄を通り越して富士山の麓から山頂に近づいていくような気がします。体の近くで無いと、麓まで来れません。また、次の練習で挑戦です。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。