ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月03日 (日) | 編集 |
今回の日銀砲はショボかった・・・。


スポーツの秋です。暑さでだらだらしていた人も、動き出します。
練習場もやる気を出している人がたくさんいるようです。

フルショットでもアプローチでも、一球潰すと至福の時間の始まりです。潰れた感触は気持ちも柔かくしてくれるような気がします。

前のアイアンと比べて、今のアイアンはロフトが寝ているようです。最初は前のアイアンより球が高めでしたが、だんだん同じくらいに落ち着いてきました。練習場での飛距離は若干落ちているようです。ですが、たまに混じっている本球を打つと、前のアイアンよりも飛んでいます。レンジボールと本球の飛距離の差が広がっているような気がしますが、気のせいかもしれません。

以前は練習場で飛ばないのが気になっていました。フック系の球が出ると、曲がりはしますが飛ぶので少し嬉しかったのです。また、擦り気味に打ってもやはり飛ぶのでこれも嬉しく、練習場ではニコニコでした。ですが、コースではもっと曲がり高く上がって飛ばないので、「アレ? 練習場ではあんなに飛んでいたのに・・・」となることが多かったように思います。

練習場とコースで結果が違うならば、練習場でよい結果を出すことの意義が薄れてしまいます。また、コースでよい結果、よい球を打つには、練習場でどういう結果を出し、どういう球を打つのがよいのかがわからなければ間違った練習をしかねません。練習場で飛ばないからと言って、練習場で飛ぶ球を打とうとすると、ヒッカケる、擦る打ち方が正しいと判断しかねません。練習場では少しヘッドを球より手前に落とせば引っ掛けて飛ぶかもしれませんが、コースではダフるでしょう。レンジボールでスピンが足りずに失速するからと言って擦って打てばコースで高く上がりすぎてしまうでしょう。練習するのもなかなか難しいですね。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
秀二は元気か
えぇ ゴルフは練習場も含め
体のゲームではなく 頭のゲームだという事に行き着くんだと思います
2010/10/03(Sun) 18:32 | URL  | マット*でロン #-[ 編集]
Re: 秀二は元気か
頭を使って体を楽して楽しむか、考えるのを止めて体をはって苦しむか、選択の余地はないはずですけど・・・v-39
2010/10/04(Mon) 19:09 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
誰か
やっぱり 秀二は頭を使って 楽しむ
  に限るでしょう・・・ ☆ 
2010/10/04(Mon) 19:19 | URL  | ナデテココ #-[ 編集]
Re: 誰か
健康のため、使いすぎに注意しましょう。
2010/10/05(Tue) 22:29 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
クラブが正しく扱えれば 扱えるほど 練習場で一般的に使用されているボールと コースで実際に使用するボールでは あらゆる面で違ってくる筈 です。 http://gongorosh.blog95.fc2.com/?no=486 それは 練習場のボールが悪い のではなく 狭い国土の日本で ゴルフを練?...
2011/02/14(Mon) 14:19:52 |  ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。