ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年07月09日 (金) | 編集 |
時間が空いたのでまたラウンドレポートです。

ハミングバードスポーツでクラブを作る前、ゴルフを始めた頃にさんざ叩いた、いえ、お世話になったコースに行ってきました。コースにお礼参り、いや、どれくらい私の球打ちがゴルフに近づいたか、コースに聞いてきました。

対人兵器か呪いの杖か

欲にまみれた私のことですから、コースに着いたら何しに来たか忘れてひたすら飛ばすことばかり考えはじめます。スタートホールは短いですが左右に林があります。アイアンで打っておけば何も困らないホールですが、いつも私が引く一番くじを引いた友人はドライバーを握り締めています。ですから私もドライバーを握るのは自然の成り行きなのです。

記憶にあるよりも、ずっと綺麗なコースでした。名門コースではありませんが、芝の緑が美しく、フェアウェイにある木も気のせいか威厳があるかのように堂々と立ちはだかっています。

どちらかというと先に打ってナイスなショットでウハウハという方が好きなのですが、今日は後から打たなければなりません。先に打つ人の結果が良くても悪くてもチキンな私にはプレッシャーになってしまいますから、真っ白な状態で最初に打っておいた方が成功率は高いのではないかと思います。そこから一番くじを引く能力が備わったのかもしれません。

お互い久しぶりなコースなわけで、案の定、オナーはドライバーをぶんぶん振り回しています。あのまま回り続ければヘリコプターのように浮くのではないかと思わせる勢いです。元気があってうらやましいです。

今日はご無沙汰していたコースにお伺いを立てる日なのですから、基本的にラッキーは少ないであろうと思っていました。ミスはきっちりミスとしてカウントされる日です。ですから林に打ち込んだ球は木に跳ね返ってフェアウェイに戻ることは無く、林の奥底に吸い込まれていきます。回転から生じる球が左に行けばどこまでも行ってしまうのでしょう。私も同様に引っ掛けました。落ち際が見えず、暫定球を打つ羽目に。暫定球は林に吸い込まれ、頭の中は真っ白け。再度暫定球。ようやく左ラフに。

彼の球は暫定球も見つからず、いきなり叩きのめされてしまいました。幸いにも私の一打目は林まで行っておらずラフにありましたが、嫌な感触だったので動揺は隠せず、二打目も球より先に芝と土を打ってしまいました。

 「早くあの球を打たなくては」

焦り、不安は当然です。三打目のアプローチで、ようやく思い出しました。前傾。不安からか、球を視界の中央で見てしまっていました。前傾が深い分、球に当たる前にヘッドが落ち、上がり際で球に当たりヒッカケ、芝の上ではダフリ、だったのでしょうか。ここで立ち直れたのは大きく、次のホールに気持ちを向けることができました。まだ始まったばかり。

先に進むにつれ、段々と球が捕まりだしました。そうなると、恐らく他の人からは「軽く振っているのに飛んでいる」ように見えるのでしょうか。その心理が力みを生んでいるのかどうかは分かりませんが、私から見ると明らかに友人は力が入っているように見えました。振る速さも速く、当たればいきなり高く上がっていくので、見ている方が何だか疲れてしまいます。

 『今日はフェアウェイ外さないね』

実際にはスタートホールで外していますし、チョロも打っていますから外していますが、そういった印象は確かにあります。安定している、飛んでいないわけもないのに、しっかりフェアウェイに置いているような、大体似たような弾道で似たような場所に飛んでいく、そんな感じでしょうか。逆に彼はどんどん曲がりが大きく、たまにまっすぐ行きますが左右どちらにも曲がるようになってしまい、コントロール不能というか、コントロール放棄というか、私のせいではないのですが何だか持ち主以外の人にも効果抜群というか罪作りなクラブなのかもしれません。

でも、フェアウェイセンターに打っても、ピンに向かって球が飛んでも、感触がイマイチなので素直に喜べない私です。特に今回は、距離が足りないわけではないですが、快感ほとばしる球がドライバーで出ないので、苦虫を噛み潰したような顔だったでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
占い師
人はそれを ゴーゴンの呪い と言います。

ここでは テストクラブを打って
ベルトを切ってしまった人がいます
2010/07/10(Sat) 14:59 | URL  | 北京ダック #-[ 編集]
タコの占い
人間の 業は深いのです
それを捨ててはいけないのです
だから 面白いんですよ

 タコはマリネにしてしまえ と。
2010/07/10(Sat) 18:11 | URL  | 自然の法則 #-[ 編集]
Re: 占い師
ベルト切れますか!
ものすごく腹筋に力が入らざるを得なかったのですかね・・・。
2010/07/11(Sun) 07:44 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
Re: タコの占い
なかなかすべてを楽しむ気持ちになりきれませんね。
まったく人間はよくできています。

マリネ! 何が何でも食べてやるという感じがします。
タコを最初に食べようと思った人はものすごく強欲だったのですかね・・・。
2010/07/11(Sun) 08:04 | URL  | タッコング #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。