ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月20日 (火) | 編集 |
中学生くらいの頃、複雑で難しいことをすることがかっこいいと思っていました。
今では「中二病」なんて言うみたいですけど。


今週は基本の復習とウェッジの重点練習でもしようかと思っていたのです。

でも、前の打席がドライバーぶんぶんな人だったのです。

妖気? この夏卒業しました。

じっくり刷毛塗りして、ちょっと休憩して、ウェッジか7Iか悩んでしたところまではハッキリと覚えています。

前の打席でぶんぶんドライバーが始まっちゃったのです。

私と私の後ろの打席の人が、同時くらいに打席に立ったんじゃないかと思います。

クラブはもちろんウェッジ、いや7Iだったかな。ヘッドカバーを外していたような・・・。

自動ティアップで、まだまだたくさん球が残っていたんですよ。

後ろからは「ふんっ!」と力んだ声とウッドで球を打つ音が聞こえていました。

前の打席の人が球を打つ間隔が短くなってきました。

後ろの打席の人もだんだん短くなってきて・・・。

私はいつの間にかティアップした球を・・・。あれ、ウェッジは?

で、気が付いたら球が消えていたんです。あんなにたくさん残っていたのに・・・。不思議なこともあるものです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ゲゲゲの替える
妖気 ですか…
 そろそろ ロフト替えますか…
  用意は出来てます  (水槽も)

2009/10/21(Wed) 01:40 | URL  | スポルテ #-[ 編集]
No title
これは面白過ぎで違反ですよ。v-424v-425v-424v-425

あの~ ごんごろさんって、、、
上手く言えないんですが、
なんとなく亜美さんと空気が似ているような気がするんですが。

発想、着眼点の非凡さというか・・・
突然勝手なこと言ってごめんなさい。
2009/10/21(Wed) 09:18 | URL  | 埼玉のS #-[ 編集]
どちらも私の準備が・・・。あと一度くらいコースで打ってみたい気も・・・。

Sさん、私はそのような偉大な方とは似ても似つかないですし、
某大大大ファンの方が、黙っちゃいない気が・・・v-356
2009/10/21(Wed) 21:33 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
No title
亜美さんのライブに行くと分りますが
ものすごく 「天然」 な人で
 基本は京都の人ですから
  ボケと突っ込みは絶妙…
たしかに 通じるところはあるかも、ね。
2009/10/21(Wed) 22:05 | URL  | スポルテ #-[ 編集]
真空管アンプ復活
と同時に Sさまのアイアンもセット完了
 ウッドはシャフトが来ないのよね…
ヘッドは用意出来てるんだけど…

 う~ん ロフトはやっぱり 変えようよ
2009/10/22(Thu) 03:07 | URL  | スポルテ #-[ 編集]
No title
また悶絶が始まります。v-29
この瞬間がたまらないんです。

v-308真空管アンプ復活v-308
2009/10/22(Thu) 07:58 | URL  | 埼玉のS #-[ 編集]
No title
お、ドライバー上がらないんですね!

埼玉方面へは いよいよ核弾頭投入ですか!
2009/10/22(Thu) 08:16 | URL  | w #-[ 編集]
帰ってきた真空管
MR ホールインワンから 素晴らしい感想が届きました。  果て 埼玉はいかに
2009/10/22(Thu) 12:27 | URL  | スポルテ #-[ 編集]
No title
出会うたびに「こりゃ手強いなぁ」といった
おだやかな挫折感を味わう。
そして「使えるようならねば」の目標が芽生える。
5年半もこれを繰り返していると、
この快感が自分のゴルフの本質になってきてしまうのです。

いずれにしても楽しみです。はい。

ウッドのシャフト 間に合うといいなぁ。

2009/10/22(Thu) 14:19 | URL  | 埼玉のS #-[ 編集]
Re: No title
こうして同伴者を恐怖のずんどこに陥れるクラブが各地に舞い降りるのでありました。

球の高さは、何と言うか、前までは高ーく上がってへろ~んと落ちてぎりぎり届いていたところに、ライナーに近いような感じでぶち当たっているような・・・。ロフト増やした方がよいんですかね?
2009/10/22(Thu) 21:55 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
No title
どこまで低く打てるか
コースでやってみませんか  笑

2009/10/22(Thu) 22:07 | URL  | w #-[ 編集]
Re: No title
ぜひともv-238、という気持ちなのですが、
なにしろ先の予定がまったく立たない状況でして・・・。
練習すらままならず・・・。
何回ラウンド予定をキャンセルしたかわかりません・・・。
2009/10/23(Fri) 07:22 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
No title
その話 私がチャンピオンだと思います
かつて 弊社で有名な某120キロ氏と
 4.5度 と 5.5度の ドライバーでラウンドし キャリー70センチ セカンドキャリー210ヤードの記録保持者の上

 レディースティーの赤球に衝突し
後ろの OB を 打った経験を持っています  4打目を 赤球の位置から打ちました
2009/10/23(Fri) 23:26 | URL  | スポルテ #-[ 編集]
Re: No title
ディフェンディングチャンピオンもノリノリですね~。
低空ドラコン、セカンドキャリードラコン、赤球に当てたら勝ちってコンペも面白そう・・・。
2009/10/24(Sat) 18:32 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。