ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月17日 (土) | 編集 |
苦は楽の種。何事も。


素材がポンコツな私としては、寒くなり始める時期は古傷が痛み辛い時期です。脂汗流していた季節がもう懐かしいです。

久しぶりに練習に行きますと、朝は少し肌寒く、特に下半身は動きが鈍くなっていそうです。きっとそのままでは下半身の代わりに上半身が頑張ってしまうでしょう。刷毛塗りでじっくりとほぐしてみました。

クラブが何故右に振られてしまうのか?
体の動きでクラブを動かしていれば、視界から見えるクラブヘッドの様子は変わらないはずではないか?
でも実際には視界の右に移動している・・・。
クラブを手で右に動かしてもそうなるし、その場で体を回転させて顔は正面のままでもそうなる・・・。
頭も動かないと、回転の動きを勝手に始めてしまう・・・。
そもそも、下半身で体を動かすんだから、頭も動くはず・・・。
視界を止めたいのだろうか。視界が横に動くのに慣れていないので嫌がっているのだろうか。
試しに頭だけ動かして視界を動かしてみました。慣れたら体を動かしてみました。
視界の中のクラブヘッドの位置は変わりません。
頼りなく感じますが、約束どおり、刷毛塗りアプローチでクラブがきっちり球を運んでくれます。
クラブヘッドの重さは、重しですか。


ミスショットは何故起きるのでしょうか。ライ等の自然現象やプレッシャー等の心理的な要因その他、いくらでも原因は考えられます。

ですがいくら条件がよくてもミスショットは起こり得るのではないでしょうか。絶好のライでお気楽なショットでもミスになる時はなるでしょう。ではミスの最大の原因は? 自分自身、人間なのではないでしょうか。

何度も繰り返してやることなら、失敗しにくい環境をまず選択するべきと思います。失敗するからしないように頑張る、のではなく、失敗の原因である人間がやることを極力少なくしようと思う、そういう方針というか方向性というか、そこから始めることの方が、まず方法・手段ありきで物事を考えるよりも遥かに理に適っているのではないでしょうか。

そのように思えるのは、たくさん失敗したからこそ、なのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
No title
ううむ、
深い・・・

素晴らしい
2009/10/17(Sat) 15:42 | URL  | w #-[ 編集]
No title
何だか 記事内容が素人ではなくなってきているような…  達人の領域。
2009/10/17(Sat) 20:26 | URL  | スポルテ #-[ 編集]
Re: No title
ありがとうございます。
素晴らしいのはクラブです。た、達人?? すぐ調子にのるので変人くらいにしといてください。

クラブの機能をもっともっと考えないと・・・。
今日は温かいおかげか、股関節がよく動き、よく飛びました。少しシフトがよくなってきたかも・・・。

ウェッジの距離は苦しくなってきました・・・。
2009/10/18(Sun) 13:59 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。