ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月05日 (月) | 編集 |
どすこーい。


「振ってはいけない」
わかっていても、振ってしまうときがあります。振りたくないのに・・・。
スイングなんだから振らなきゃ始まらない? スイングじゃないんです。ゴルフなんです。

振ることがやめられないときはどこまで戻りましょうか。そう、刷毛塗りドリルです。

50Yも試してみました。8IとSW。私が下手なのもありますが、SWは球の高さを合わせるのが難しい・・・。バンスを使って姿勢を整えるには??? 8Iのランニングの方が遥かに楽です・・・。

クラブを変えてアプローチを練習することで、また私の欠点が浮き彫りになりました(叩けばなんぼでもでてきそうですけど)。アプローチだとテークアウェイでさらに右にクラブを振ってしまいやすいっ!小さな動きだと物足りないのか、体の動きプラス右の振りでクラブは想定(アドレスでのクラブと体の相対位置)よりもかなり遠くに位置します。ということは長い道のりを経て球に向かいますから、振らないと球の前で落ちる、ダフることになります。それを嫌がり、球に届かせるには、クラブを振らざるを得ません。しかも速く。アプローチなのに。どんどん前傾が深くなっていく気が・・・。

全ての失敗要素を集約しているようなものですが、左腕が伸びたままだったり、動きすぎだったりすることが多く、左腕がとっても邪魔です。ではどうするのか。右腕の動きで左腕を受動的に動かすには? 左肘から先、左前腕をレバーとみなして右肘の動きで曲げてみました。左上腕はアドレスから体との位置関係が変わらないイメージで。自然とアドレスでは両肘を軽く曲げたくなり、体の移動から右尻が張り、背筋の右側を上げたくなり、右肘が上げられ、合掌へとスムーズに移行できるのでしょうか?

ともかく、邪魔な自分はわきにどいてもらって、クラブに打ってもらいました。自分が脇役になり、主役のクラブを引き立てます。名脇役になりましょう。

さらにパターも同じように体で打つと、きっちりオーバーできました。重さがきっちり届かせてくれるようで、とても安心です。パターまで同じというのはとてもシンプルです。刷毛塗りドリルがどんどん楽しくなりますね。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
No title
なんだかハイレベルな内容ですね…
2009/10/06(Tue) 00:41 | URL  | 少佐 #-[ 編集]
Re: No title
また暴走してしまいましたかv-14
2009/10/06(Tue) 20:23 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。