ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年08月31日 (月) | 編集 |
「ゴーリキショーライ!」


二日ほど力が入らなくなるほど、左手が無駄に頑張っちゃっていたのでした。

左手が邪魔するのはトップの後ですが、ずずずいっとアドレスまで戻って、グリップを直してもらいました。

左手がロングサムになっていて力を入れやすくなっていたので、ショートサムにしてグリップ直上よりもやや右へ。しばらくはロングサムに戻そうとする意識が働きますが、何とか慣れたようです。これも他のアドレスのお約束と一緒に一打一打しつこく確認しないといつの間にか元に戻っていたりしますから、要注意です。

力を入れない準備はできても、まだ力を入れようとする意識が残っていて、邪魔するわけです。左手を握ると手の甲と腕との角度は無くなる方向に動きやすく、シャフトは自分から見て右側に傾きやすくなるのでしょうか。トップから、ヘッドは動かさず、グリップエンドのみを動かすというのができず、左手を握らなければ、その後の誘導もやりやすくなるような気がしました。

もう一つ、思い出したのは例の弧の動きです。クラブの重さと体の重さのバランスが崩れると、手と体の両方を動かすことが難しくなるような気がします。体の前に重心が掛かるようなアドレスでは静止状態でもクラブが重く感じ、クラブを動かしづらく、体だけ動いてしまう、もしくは、重く感じているクラブを力ずくで動かそうとして体が止まってしまう・・・。体を中心とした弧か、クラブを中心とした弧か、両方を動かしづらい気がするのです。

頭の上から見た弧の次は、正面もしくは後方から見た弧で、グリップエンドを動かそうとするとき、重さを考えずにグリップエンドを体と平行に動かそうとすれば、体からの距離が変わらずに動いてしまう、肩を支点とした頭の上から見た弧の軌跡になりやすいような気がして、さらにその弧の動きが入ると、正面から見ても弧の動きになってしまうように感じました。

弧の動きが少しでも入れば、そこから先は重力に逆らって球までヘッドを運ばなければならず、苦労するだけ・・・。無駄な疲労とおそらく腕だけの筋肉痛が待っているような気がします。もしかしたら捨てたい「振る」意識さえも増長させてしまうのかも。

今更ながらに、昔戴いたメールの意味が分かってきて、「ああ、もっとクラブの声に耳を傾けていればなあ」と思いつつ、もう八月も終わりです。


土曜日は握力だけでなく、背筋が筋肉痛で動けず、練習断念。
日曜日も握力は戻らず。練習行きたいが、クラブ飛ばしかねないので、我慢。
月曜日。握力が戻り、「よーし、練習行ったろかぁ」と早起きしたら台風でした・・・。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。