ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年01月21日 (月) | 編集 |

久しぶりの、半年どころか8ヶ月ぶりの更新となってしまった。

ラウンドどころか練習もままならなかったのだが、ほとんどブランクを感じない。

ヘッドが球に与えるエネルギーの効率を上げるには、ベクトルを揃えればよいのだろうから、

ヘッドの軌道もそうだが、ヘッドの姿勢も変えたくないという気持ちになるはずだ。

もうアドレスから、ヘッドの姿勢を変えたくない。

極端なくらいで試すと、上手くいくのではないかと思う。フェースは絶対に開かない、くらいの気持ちで。クラブも体の幅から外さない。

そのくらい徹底させると、テークバックのスピードがゆっくりになった。いや、はっきりと遅くなった。

「鬼教官」クラブでは、私の筋力ではテークバックのスピードを少しでも速くしてしまうと、慣性ですぐにフェースが開いてヘッドの姿勢が変わってしまう。

体の前からクラブを外さなければ、体の前傾もあるのだから、そのままでは前にバランスを崩してしまう。だからテークバックでは、体の後ろに重心がかかるような体の回し方が必要ではないか。

重心が前にかかったままだと、左に振ってしまい、ヒッカケになるのか。この辺の原理はまだよくわからない。右腕を含む体の右側が落ちることも関係しているようだ。

逆に、スライスになるのは、トップから特に右手でクラブを引きおろしてしまった場合か。

「鬼教官」は半端なく鬼なのだ。鬼なのだが、それだけではただのMなひとになってしまうので、当然飴も用意されている。麻薬のような甘露だ。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。