ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月09日 (木) | 編集 |
「ゴ ル フ は ど う し た」
返す言葉もありません・・・。


攻殻機動隊は、SFアクション?のアニメーションもしくは漫画です。
雰囲気としては映画の「ブレードランナー」が近いかもしれませんが、
ブレードランナーが好きだからといって攻殻機動隊も気に入るかというと
かなり微妙・・・。

下手なこと書くと炎上しかねないので、ジャンルはゴルフのままですが、
ゴルフはまったく関係ありません。

また、誰にでも楽しめるような内容でもないと思いますので、お薦めしません。
ネタバレもあるかもしれません。


もう手元に無いのでかなり記憶があやふやですが、漫画の方を書きます。
別に原作贔屓とかではなく(昔はそう思っていましたが・・・)、漫画だろうがアニメだろうが
それはそれとして楽しんでみればよいかなと思います。



このくらい書けば、もう興味が無い人は読んでいませんかね。

さてこの漫画、近未来の日本が舞台となっています。機動隊と名が付いていますが、
もっと能動的というか、かなり自分達の意思で犯罪の芽を摘む組織のお話です。
殺伐としていて、救われるような話もほとんどないので、そういうのが好きでない方は
まったくお薦めできません。

しかも、漫画なのに欄外までびっしりと解説が書き込まれており、字ばっかり。
(どこかで聞いたような・・・)
そこは作者のこだわりなのでしょうか。

技術的な背景はかなり詳細に調べて描いているようで、例えば熱光学迷彩という技術、映画で言うと「プレデター」の宇宙人が使用していた透明になる技術に近いと思いますが、作中ではこの熱光学迷彩の兵器の商品名や型番?まで決められています。さらに、その兵器を作ったメーカー名までも。そのメーカー名も、今ある日本の企業の中で、いかにも作りそうなメーカー名をもじった名前だったりするのです。さらに、実際に実現されそうな、研究中の技術を調べてそこまでこだわって描いているようです。最近はかなり実用化に向けて研究が進んでいるような話も聞きます。
(どこかで聞いたような・・・)


それ面白いの?と思うのも無理はありません。


物語の核となる技術は「電脳」です(多分・・・)。この物語では、人間は脳意外全て人工的に作られた部品で外見は生身の人間のようになれるまでに技術が進んでいます。脳には超小型なマイクロマシンを埋め込み、脳から発生する電気信号を人工的な体に伝えて体を動かします(多分・・・よく覚えていない・・・)。サイボーグというのが近いでしょうか。全ての情報も電気信号で直接脳に入力することが可能で、自分の頭の中にある情報を、直接他人と共有することもできます。他人に自分の頭の中を見せるようなもので、他人が頭の中に入ってきたり、自分が他人の頭の中を覗いたりするわけです。自分のコンピュータ内のデータを他人のコンピュータにネットワーク経由で見せるように・・・。この行為をシンクロダイブ(アニメーションでは「ダイブ」だっけ?)と読んでいます(確か・・・)。
この世界では電脳化は当たり前ですが、あえて電脳化していない人もいたりして、物語をより深くしていると思います。


もう訳がわからないですね。


勝手に自分の頭の中に他人が入り込んでは困ります。コンピュータにアンチウィルスソフトをインストールするように、「電脳」にも簡単に侵入されない仕組みがあります。防壁という技術で他人が勝手に入り込まないようにしているのですが、侵入者から守るだけでなく、積極的に攻撃する「攻性防壁」という技術もあり、これも戦闘の駆け引きに使われます。銃撃戦だけでなく、敵の脳に侵入して操ったり動けなくしてしまえば、合間見えなくても勝ってしまうのです。脳に侵入することをゴーストハックと呼んでいます。


さあ、盛り下がってまいりました。


この世界では人工知能もかなり発達しており、人間と普通に会話できるロボット(と言っていいのか・・・)もあります。その中でも戦闘用兵器を装備したものが攻殻機動隊に配備されており、フチコマ(アニメーションではタチコマ)と呼ばれています。じゃあ電脳化された人間と人工知能とは何が違うのかというと、作中では魂という意味に近い言葉で使用されていますが、「ゴースト」の有無となります。ゴーストがあれば人間、なければ人工知能、として区別しています。これは作中で重要な意味を持ちます。


さて、散々技術的な話を書いてきましたが、この物語の魅力はそれだけではありません。登場人物の背景もかなり練りこまれており、人間臭く、現実的に描かれています。それは隊員たちだけでなく、ちょっとした脇役でもです。思想だったり、生活感だったり色々ですが、現在の日本や世界を皮肉った設定があったりして、そういうところもすごく面白いです。実はこっちの方が面白かったりします。

あまり書くとネタバレになるのでこの辺でやめておきます。


漫画としては3冊くらい出ていたと思います。私は人間味溢れる2冊目が一番好きです。3冊目はちょっとついていけなかった感があります。


作者は士郎正宗氏です。この作者の作品は色々あり、「アップルシード」が有名で人気があるかと思います。

しかしこの作者の作品の中で私が一番が好きなのは、「攻殻機動隊」でもなく、「アップルシード」でもありません。「ドミニオン コンフリクト編」です。「攻殻機動隊」はかなり殺伐としていますが、「ドミニオン コンフリクト編」は作者自身が言っているように「マイルドビター」な作風になっており、まさに丁度よい、心地よい苦さです(苦いのかよっ!)。
ドミニオンシリーズには、「ドミニオン」と「ドミニオン コンフリクト編」があり、登場人物はほぼ一緒ですが世界観が異なるようで、私は「ドミニオン」の方はあまり好きではありません。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
No title
では ごんごろ氏はテレビシリーズ SAC 2作は見ていないの?
原作ほどシニカルではなく もう少しコミカル? 
ゴーストハックしちゃおうかな?
2009/07/09(Thu) 22:53 | URL  | 少佐 #-[ 編集]
Re: No title
少佐、ごんごろ氏にダイブしてみましたが、テレビシリーズは見ていないようです。
ここ数年、そういった記憶が見つかりませんでした。
想像になってしまいますが、漫画はアニメーションよりもより殺伐とした話をコミカルに描いているかもしれません。
一般的に、映画・アニメーション→漫画→小説になるにつれて過激になるのではないかと思うからです。

あと、誤解されているかもしれませんが、ごんごろ氏は攻殻機動隊、大好きなようです・・・。
2009/07/10(Fri) 06:59 | URL  | トグサ #-[ 編集]
No title
もう 例のアレが到着している筈だが…   なにか記事はないのか     バトー!
2009/07/10(Fri) 22:41 | URL  | 少佐 #-[ 編集]
No title
 再び 登場
な・る・ほ・ど
  ゴーストがないんだ…。

  いや ゴンゴロさんじゃないよ
2009/07/11(Sat) 01:16 | URL  | 少佐 #-[ 編集]
Re: No title
少佐、まだ届いていないようです。首が伸びてきました・・・www
2009/07/11(Sat) 13:43 | URL  | トグサ #-[ 編集]
Re: No title
届きましたっ!ありがとうございますっ!!
2009/07/11(Sat) 14:53 | URL  | トグサ #-[ 編集]
Re: Re: No title
少佐、トグサさんがDVDがread errorになるって泣いてますぅ~。
2009/07/11(Sat) 17:44 | URL  | フチコマ #-[ 編集]
Re: No title
人工知能はどこまでも人工知能で、生命の持つ多様性を持つことができません。
生命は多様性を持つことで繁栄することができるのです。
致死のウィルスが蔓延したとしても、全員同じでなければ誰かが耐性を持っている可能性がありますが、全員同じなら全滅します。多様性は種の繁栄の必然なのです。数が多ければよいというわけではなく、少しずつ違うことに意味があるのです。

といったところで、ゴーストが無い、あるいは自らゴーストを消しているんじゃないか、もしかして消したいんじゃないか、という人が増えると、「全滅したいの?」と思ってしまいます。はあ・・・。
2009/07/11(Sat) 21:27 | URL  | フチコマ #-[ 編集]
No title
次の部隊を送り込むぞ!
2009/07/12(Sun) 10:42 | URL  | 少佐 #-[ 編集]
Re: No title
少佐、お手数をおかけしますがよろしくお願いします。
あと、このブログはよいこのブログですので、18禁コメントは削除ですぅ。
2009/07/12(Sun) 19:51 | URL  | 人形使い #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。