ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月21日 (土) | 編集 |

「だがもっとだッ!」

ドライバーの感触がよくないことの原因を見つける為、また練習に行ってきました。
手は体の動きに遅れないように動かさなくてはなりません。が、間に合わせようとして
手を動かすと、よけいにクラブが遅れてしまう場合があります。なんてこったい。

「右手でクラブを押す」ということは必要な動作ですが、右手で押した部分が
支点となり、てこの原理でヘッドは元の位置の方向に引っ張られ、シャフトが傾いて
しまっていたようです。ヘッドが重いのですから当然ですが、そうするとグリップエンドは
逆の方向に動きます。ならば右手でクラブを押しつつ、グリップエンドを押すというか
支えてあげれば、シャフトは傾かないはずです。

扇の動き、手首を曲げてクラブを動かしてもクラブの重さに振られてしまいますが、
支点である手だけが動いても、クラブがその場に残ろうとする為に結果的に手首が
曲がり扇の動きのように手首とクラブの角度が変わってしまいます。手首に限らず、
支点となるところ、関節であればどこでも成りえると思います。肘でも。肘だと
右肘がわき腹に近づくような動きだと、クラブが置いてけぼりになってしまいます。

そうなると肘を支点にクラブが下方向に弧を描いて落ちようとしてしまいます。
頑張って体の右側が落ちないように支えるか、体を高速回転させるか、どのみち、
ひとたび遅れてしまえば自動的に発動する重力の支配からは逃れられないのです。

逆に考えれば、それほど強力な(凶悪な?)力なのですから、球を飛ばすエネルギーに
活用しないのはもったいないですね(それを目的に作られたクラブだから当たり前ですが)。

といったところで試してみると、かなり改善しました。距離も方向も。しかし、まだこすっています。
それでも前のドライバーくらいは飛んでいますから、コースで使うのに問題ななさそうです。
次はもう少し大胆に動かしてみたいですね。

#閑話休題

「だが断るッ!」

とにかくあーだこーだしていると、そのうちに致命的なジレンマに直面します。この周期的に
訪れるジレンマは、クラブ、ゴルフ、スウィングというものを理解・体得する過程では誰もが
苦悩するもう一つの悩みではないかと思うのです。

「スウィングを良くするのと、次のゴルフのスコアとどっちを取るのか?」という昔流行った
究極の選択です。当然前者だ!と思っていても次のゴルフの予定が決まるだけで気持ちが揺らぎ、
日が近づくにつれ後者の気持ちが強くなり、焦り、弱い自分に悪魔が囁くのです。

「とりあえず次はそこそこの球が打てるスウィングにしとこうよ」と。

練習場に行っても、打った球を強く意識するようになります。自ずと無駄な力が入ったり、
アジャストしたりし始めるので、なかなか悪い癖が抜けません。修行の道を選んだのだから
途中でスコアを求めすぎてはダメじゃないか、と分かっていてもです。だったらラウンドの
予定なんか入れなきゃいいのですが、基本的に一人ではなかなかできないですし、誘惑も
しがらみも多いのですし、本音は行きたいのですから、予定はどの道入ってしまうのです。
だってゴルフしたいんだもの。

このジレンマは、筋力・体力や、アジャストする能力が高かったりすると、余計に強くなるのでは
ないでしょうか。人間は得意分野で勝負しようとします。生物ですから生き残る為には有利な
条件で戦うことを選ぶのは本能ではないかと思います。強力な武器を持っている人はそれを
使いたがるのです。武器なぞ無いに等しい私ですら強烈なジレンマに苛まれるのですから、
持っている人はどーなっちゃうの?と思います。悪魔の囁きをはねのける、強い、強い意志
が欲しいものです。

ああ、また次のゴルフが近づいてきました。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。