ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年01月27日 (日) | 編集 |

何が辛いって、球を打ちに行く暇がないのが一番辛い今日この頃。

スピードに注意してクラブを体の幅におさめてテークバックできたとしても、その後が上手くいかない時がある。

無意識にやってしまうのが、ヘッドの姿勢を変えてしまうこと。フェースが開いてしまう。
切り返し直前のヘッドの姿勢のまま、ダウンに移行したいのだが、左手が動いたり、右手が動いたりして、ヘッドの姿勢が変わってしまう。打ちに行こうとすると、もう100%ヘッドの姿勢が変わってしまうようだ。
手首と手の甲の角度が変わってしまうのか?

後は、ダウンの早々に右肩?右腕?が落ちること。落ち始めたらもう止まらない。やめられない止まらない。
体の右側が落ちるのは、体を逆回転させるタイミングが早いのか。体の傾きが変わってしまっているのか。

これらの失敗が起こると、飛ばない・感触と音が悪い、だけでなく、空振りまで出る始末。

自分がどんな姿勢だろうと、重力が掛かる方向は変わらないはずなのだが、自分の姿勢に対するヘッドの姿勢が変わらない、ヘッドもろとも、自分が右に傾いてしまった場合は、なかなか自覚しづらいのだろうか?

インパクト付近で急に開くとは考えにくい。やはり既に開いてしまっているのだろう。

はてなマークばかりになってしまうが、疑問が無ければ考えない。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。