ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年02月23日 (土) | 編集 |

右側が落ちるのはなぜだろうか?

前傾してクラブを両手で持って右を向き、それから左に向きを変えるのだから、右側が落ちやすい。
というのはわかるが、クラブを立てればある程度重さも軽減されているはずで、
それでも右側が落ちるのは、落ちるのを止められないのは他に原因がありそうだ。

基本的にダウンは飛球線方向の動きを体で作らなくてはならない。
ということは、上半身は慣性で右側に残ろうとするはずではないか?
さらに腕ごとクラブを落とすとなると、もう右側が落ちないはずがない。

だとしたら、クラブを落とす前に右側が落ちない準備をしておかなくてはならない。

重力に逆らってクラブごと上半身を球の方向に動かすには、上半身はあまりにも重い。
クラブを落とす前に、上半身を球の方向に動かしやすくしておけばよいのではないか?

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。