ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月09日 (土) | 編集 |
冷やし中華はじめまして。

またもやデジカメを忘れてしまいました。やる気無しっ、というわけではないのですけど・・・。

下半身、体の動きの次は、腕の動きです。

傾いた右足を垂直に戻すのと一緒に、クラブを上げていく練習です。左肘を支点にして持ち上げてしまい、クラブが右にずれやすくなってしまう癖を直し、体の向きの変更によりクラブに働く慣性を最小限に抑える為?にコックと右手を上げるのを合わせて行います。

コックが足りないので、球の手前にダンボールを置いて軌道を矯正しましたが、練習場でダンボールを置くと係員の人が来てしまいそうで怖いので、ダンボールがあるつもりで・・・。

「見えるっ。私にもダンボールが見えるぞっ」 (注 クスリはやっていません)

クラブからは終始手自分から見て右上から力を受けているように感じます。失敗するとクラブヘッドに働く慣性の力が大きくなり、自分の意思と関係なくクラブは体の幅から外れ、背中側に回り込もうとするように感じます。

コックが遅くても、手首や肘でクラブを体の幅から外しても、右肘を支点にしてクラブを上げても、手首を外側に捻っても、失敗です。体の向きの変更、回転が始まる前に、クラブに働く慣性を最小限にしつつ、慣性に耐える姿勢を作っておくということでしょうか。成功すればトゥアップする方向に慣性が働いているように感じます(自分では見えませんけど)。

さらにそのクラブと体の姿勢は次の段階への準備でもあります。失敗していれば力技でクラブを引き摺り下ろさないと球には当たらず、体への負担も大きくなるでしょう。私は昔肘を痛めているので、失敗した場合の肘への負担はかなり辛いものがあります。成功していれば力を受けている方向にクラブを動かせばよいだけなので負担は無くなります。

アシスト付き自転車のアシスト動力を逆回転させて倍の負担にするか、順回転させて楽をするかはその人次第と言うことですか。

尻の次は背筋が筋肉痛です。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。