ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年03月30日 (月) | 編集 |
ウィローモスの森の奥から無数の目が見つめています・・・。

水草水槽に抱卵した親エビが次々と増えていくので、考えるのをやめた、隔離するのを諦めました。

「兄貴」稚えびには兄弟がたくさんいました。ウィローモスの森の中に。

1. ウィローモスの森に隠れていたので魚に食べられずにすんだ。
2. ポンプで汲み上げているパイプを隠すためにウィローモスで囲んだのでポンプに吸い込まれずにすんた。

というわけか、特に隔離しなくてもうじゃうじゃ増えていました。増えすぎてヤバそうです。

水草水槽の体積が600x350x300=63000000mm3とすると、稚えび1匹(1尾?)2x1x1mm3として、水槽の半分が稚えびで埋まるにはおよそ1500万匹。

一世代で20匹増えるとして、第六世代で1000万匹の稚えびで水槽が埋まるでしょう。

さらに一世代で複数回産卵しますし、稚えびは成長して体積が増えますから、実際には三世代くらいで飽和しそうです。ミナミヌマエビ恐るべし。

水槽全体の生態系維持には隔離せずに放置しとくのも手かもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:水草水槽
ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。