ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月01日 (木) | 編集 |

先日指摘されるまですっかり忘れていた、人間とクラブの関係について。

アプローチの練習をしていると、球が重く・硬く感じるときと、球が軽く感じるときがある。
軽く感じたときが「上手く打てた」時と漠然と思っていたが、非対称で先端が重いクラブの
使い方を再考させられて、その理由が明確になってきた。

球を軽く感じるということは、ヘッドが球をどけたときのシャフトを伝わる衝撃が少ない、
シャフトを伝わってエネルギーが逃げなかった、すなわちエネルギー効率がよいインパクト
だったということではないか?

単純に、構えた時のシャフトの角度というかクラブの姿勢というか、とにかく構えたまま
右手で上に持ち上げ、その姿勢のまま、左手でクラブを落としてやると、球を軽く感じる
ようだ。飛んでいく球の速度は速く、スピンが効く、所謂スキッドというやつだろうか。

ヘッドで球を捕らえようとすると、結果的にヘッドの運動量が多くなってしまい、
人間の動きで振り子の動きを無理やり作ってしまうようだ。

もちろんスピンを効かせようと考えたり、遠くに飛ばそうと考えると、ヘッドのスピードを
速くしようとして手を速く動かしてしまい、体の回転と、体から遠く離れたヘッドの動き
の同期が取れなくなってしまう(これも何度も言われているがすぐに忘れてしまう)。

体とヘッドが関節無しで繋がっていれば、ヘッドはヘッド重量・シャフトの軟らかさ等から
一定分量だけ遅れるが、関節の曲げ方や動かす時期のズレによって位相がずれたり、胸の十字
からヘッドの位置がずれたり、無理やり筋力でクラブを動かそうとすると、同じ時間軸で
動かしたい体とヘッドがずれた時間軸で動いてしまう、とっても自覚しにくいことのようで、
構えた瞬間に忘れてしまうことも度々あったりする。

この同期のさせ方は文章にするのは難しく、アプローチの場合は、体の回転に合わせて
クラブを平行移動(落下)させる、と言っても自分で読んでもわからないほどで、
やってみるとあっさりできてしまうが、忘れていると永遠にできないような気もする。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。