ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年01月30日 (金) | 編集 |
結局日曜日は練習しませんでした。近所や仕事でインフルエンザが猛威をふるっており、いつ我が家に感染するかびくびくしています。

次のラウンドが決まり、やる気は出ているのですが状態は最悪かもしれません。

ヒッカケからプッシュスライスになるように練習を始めて、時折プッシュアウトが出るようになりました。思い起こせばF3の1Wがめちゃ飛びした時は全てプッシュアウトだったような気がします。

でアイアンでプッシュスライスの時とプッシュアウトの時を比べてみると、まず始動で体の幅からクラブが外れてしまうのがあり、次にトップ辺りで外れてしまうのがありました。前者は手首を曲げて動き始めてしまう、後者は右足が回ってしまうからでしょうか。それらが解決しても、まだ高い球があり、右肩が下がる煽り打ちが出ます。これもトップからフルスロットルをやめて手の甲側でクラブの重さを支えるようにしてインパクトまでもっていくようにすると潰れたような感触で大分飛距離も出るようになるのですが不思議なことにアプローチでやると高さが揃う、距離が合う、スピンがかかる代わりに少し飛ばなくなります。

で1Wでもやろうとすると、インパクトまで待てないで手首を曲げたり、ダウン初期に胸を球に向けたりしてしまいます。結果、体を動かす方向に対してクラブの位置や体の向きが右だったり左だったりしてうまく当たらないようです。

インパクトから巻き戻してみると、インパクトでこの胸の向き、このクラブの位置と角度なら、その前ではここ、更に前ではここ、と逆に辿っていくと、もうトップから違っていたり(すなわちテークバックから?)、トップから動き出す時にもう外れていたりして、強く意識しないとすぐ間違ったやり方になってしまうので、惰性でやらないようにしたいものです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。