ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年01月17日 (土) | 編集 |
今日は昨日ほどではありませんが、やっぱり寒いですね。あちこちで訃報を耳にすると、気温の変化には気をつけないと、という気持ちになります・・・。

さて今日もしつこく練習してきました。アップに15分とか掛かるし寒すぎです。だったら寒い日はおとなしくしていればよいのですが・・・。日課になりつつあるウェッジのアプローチで思うところがあり、球を打ちたくなってしまったのです。

ウェッジのアプローチで球がフェースに張り付くような、くにゅっとした感触にするには、手首を緩めて振り子のようにヘッドを送り出してはダメで、角度をつけたままにした方がよいようで、進行方向に対してロフトが立った、球がつぶれることで推進力とスピンを得ているような感じになるような気がして、もっとこの感じをフルショットに生かしたいと思ったのです。

で実際にやってみると振り子になってしまいます。アレ?

そう言えば「もう少し握る力を強く、2割り増しくらい」と言われていました。切り替えしで少しヘッドに勢いが付きますが、握る力が弱いと体の前から外れるし撓らなくなるのでしょうか。ウェッジのアプローチのトップの場所にクラブを持っていこうとしてもなぜか振り子になってしまいました。

明日この辺をもう少し練習してみます。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。