ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年12月20日 (土) | 編集 |
ハミングバードスポルテに電話したです。はい。

強烈に海水を薦められましたが、やはり家は置き場所も無いのでダメでした。家族に聞いてみましたが、即答で却下されました。楽しそうなのですけど、今は無理ですねー。

そちらの話はともかく、1Wの件です。F5にした人の30%くらいの人は飛ばなくなってしまうそうです。私もその30%のようです。

F5は諦めてF4にするかどうかというところで、ハミングバードスポルテに行ってきました。今回は初めての練習場でした。

店長さんの期待を裏切り?、結果は「捕まえすぎ」でした。捕まえようとだいぶ極端にやりすぎていたようです。だから球が低くて飛ばない!でも「捕まえすぎ」な人はハミングバードでは少数派、消費税程度だそうです。ぬーん。

アドレスでは、まず極端なハンドファーストを止めて、グリップが左の×ん×まを指す辺りからまっすぐ球の後ろにくるようにしました。

そして背骨を曲げないで股関節から傾けるいつもの修正点と、右足を足首で回さないように、左足の内側のエッジを利かせるように曲げて右尻を引くことで体を回すようにしました。

手は左肘を使って上げてしまうと左肘で弧を描いてしまいやすくなるので、右手で上げるようにしました。そしてクラブを早く上げすぎなので、体の動きで右斜め前くらいまでクラブを移動させ、そこから上げるようにします。ぎこちない極端な動きから、スウィングっぽい動きにしていくようです。

また、テークバックで上体が起き、ダウンで倒れてしまうので、テークバックで前傾している状態から右を向いても前傾したままを保つようにしました。(この部分を書き忘れていたので追加しました)

最後はコッキングです。肘の曲がりに応じてコッキングしていくようにします。同じタイミングで肘と手首が曲がっていくようにします。

久しぶりに昔の自分のスウィングをビデオで見ました。今日見たスウィングとだいぶ変わったように思います。オーバースウィングは直り?、後ろから見るとキャビティ部がしっかり見え、シャフトが球を指し、ヘッドが垂れてます。ちょっとは進歩した?かもしれません。

というわけで、何とかF5を使い続けることができそうです。FWもF5になります。ついでに1Wもコブラになります。超おすすめだそうです。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。