ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年12月16日 (火) | 編集 |
ぐだぐだになりつつありますが、1Wが飛ばない原因究明の続きです。

1Wとそれ以外のクラブで、クラブ以外に大きく異なるのはスタンス幅と球の位置です。1Wはティアップしている分、球とヘッドの距離が近いからその分地面から打つ場合よりも左に置く、ということですが、ティの高さを調節できる打席だと毎回同じ高さで同じ分だけ左に置かないと上手くいかないわけです。本当に基本的な事ですが、無造作にやっていたので、見直してみます。

色々やり過ぎてテンプラを打ってしまいクラウンの塗装がはげてきてしまいました(心が折れそう・・・)。ということはティが高すぎるか球の位置が左過ぎるかその両方ですか。間に合わない・届かない要因を作っているかもしれません。

どれくらい左に置くかはどれくらい球が近づいたか、すなわちティの高さに寄るでしょうから、まずはギリギリの高さにしてできるだけ右に、アイアンよりもほんの少し左に置いて打ってみると、案の定トップします。1Wはアイアンのよりも打点が高いですから、その分ティを高く、地面スレスレをヘッドが通った時に真ん中くらいに当たるようにしてみると、やや強い当たりになってきました。しかしまだ胸が球の方を向いてしまう、ヘッドの入斜角が低くなってしまうので、アイアンのように力の方向を変えないようにして打ってみましたが、なかなか思うようにいきませんでした。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。