ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年12月03日 (水) | 編集 |
ガソリンも安くなりました。本格的に寒くなる前に下がって家計は助かりますが、バブリーなドバイとかがやばくなりますか。

最近あまり考えていないので、たまにはまったり考えてみたいと思います。

1Wが何故飛ばないか。ヘッドの姿勢と軌道でしょうか。インパクトの体勢では球に当たる前に胸は左を向いてしまっているようです。ということはヘッドも左、さらに上を向くでしょう。擦ったりヒッカケたりするのも当然です。でも左を向かないと球に届かない。何故届かないかが解決しないと左を向くことを止められません。

一つの原因として、ヘッドと球の距離が遠いことがあるのかと思い、あれこれ試していました。なるべく体の近くに、胸の前に、胸の左寄りに位置するようにクラブを動かせば球とヘッドの距離を短くできます。ヘッドが上に上がると球との距離は長くなりますが位置エネルギーを稼ぐためにはしかたないですし、重力で加速できれば多少距離が長くなっても時間は短くできそうです。一方体に近づけても距離は長くなりそうですが、体から遠いと右を向いたときに距離が長くなってしまいます。

次は道のりです。ここが課題かと思っています。せっかく距離が短くなっても遠回りしてはやはり届きません。例の鉄定規をヘッドのソールと球が乗るように置いたとき、ヘッドが鉄定規の下に潜るような、逆さの放物線のような軌跡になると道のりは長くなります。道のりは視覚で確認しづらいので可否の判断しづらいですが球の手前にもうひとつ球をちょっと離して置けば判断出来そうです。動画のように段ボールか何かの方がよいですかね。
遠回りしないように動かすにはどうすればよいのでしょうか。アドレス時の自分から見て、上下方向は落ちる方向の動きの量、左右方向は球が飛ぶ方向の動きの量、前後方向は球と体を結ぶ垂線方向の動きの量とすると、左右方向に遠回りするのは難しいでしょうから気をつけるのは上下と前後になるでしょうか。
ではトップから球まで傾いた鉄定規上を滑るように、なぞるように動かすのでしょうか。確かにクラブに掛かる力が変わらなければ球に当たるでしょうがクラブには動かそうとしても特に重いヘッドがその場に残ろうとする慣性の力と、回転することによる遠心力が働きます。ということは自分が辿ろうとした軌跡から外れようとする力が働くということになります。ですから、それらの力によってクラブが動かされることを見越して、自分の力と外力の合力が斜めの鉄定規に沿うように自分が動かせば、結果としてヘッドの軌跡は鉄定規に近づき、自分が鉄定規に近づけようとすると行き過ぎて逆に離れてしまうのです。

でも最短経路が一番効率がよいのでしょうか。最短経路ということは直線に近くなります。ということは、働く力による速度がそれぞれ一定に近くないと直線にはならないはずです(一方の力による速度が変化してしまうと曲線になるでしょう)。そして重力には加速度があるのです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。