ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月13日 (月) | 編集 |
ラウンドで得た確信のようなものは何だったのでしょうか。

まあ大げさなことではありません。自分から見て(胸から見て)クラブの姿勢を変えないように振っているということが、その姿勢のまま球に当たっているのだから結果は予測の範囲だろうと思っていたのでしょう。本当に基本的なことなのですが、ラウンドで実感したのは初めてだったのかもしれません。少なくとも私には衝撃的だったのです。

自身とはちょっと違うと思っています。才能や練習量によって得る自信ではないでしょう。最近はちょっと大目かもしれませんがそれでも多くて週一程度、そもそも大して練習していませんから。でも大丈夫という確信は、やはり確率というか再現性が高い方法によるものだということなのではないでしょうか。

私の場合は、トップとダウンでクラブの姿勢を見失うミスが多いようです。ですから、アドレスからクラブの姿勢を見失わなければ、自分で「クラブは今こういう姿勢になっている」と分かれば、そのまま球に当たるのですから結果はある意味当然予測通りになるはずです。もちろんミスはしますが、理由はおおよそ分かっているのですから、次は気をつければよいのです。そしてクラブがセットになっていれば、1Wで見失ったとしても、次のホールのティーショットではなく、その次のショットですぐに姿勢が確認できるので、ずーっと手の内にあるような、同じショットを続けているような、同じクラブで続けて打っているような安心感のようなものがあったのでしょう。

次のラウンドはいつになるか分かりませんが、またこんな感覚を味わいたいものです。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
No title
味わえますよ!
そのうちものすごく飛ぶようになりますよ!
2008/10/17(Fri) 00:16 | URL  | 弟子の一人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。