ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月11日 (土) | 編集 |
数ヶ月ぶりに行ってきました。コースに。

久しぶりで芝を見るだけで興奮します。ラウンドするにはよい季節です。

今回はラウンド前にカゴで練習しましたが、何だか変な感じでした。いつもはラウンド前は不安になるのですが、今回は不安なことは不安なのですが、でも打ちたい方向に球は飛んでいくだろうという確信のようなものがありました。理由はよく分かりません。

さて、最初のホールはいつもは大体曲げてしまうのですが、今日は曲がりませんでした。1Hのロングはヒッカケを警戒してフェアウェイ右目を狙いましたが、軽くフックしてフェアウェイを捕らえました。距離はあまり出ていませんでしたが、大体思ったところに飛んでいきました。セカンドも同じような感じで、1Hから無理せずに刻んでフェアウェイに置いていこうと思い、そのまま実行したという感じです。いつものような右に曲げ左に曲げ、というのがありませんし、そんな不安もありませんでした。淡々と作業をこなしていくと言った感じです。三打目も同じように打ってグリーン奥にオン。ちょっと飛びすぎましたが、私にとっては上出来です。パットもOKの距離に寄って、難なくパースタートです。パットもショットと同じような感じで、淡々と打っている感じです。そう、スウィングは一つなのです。一つにできるクラブセットを使っていれば。

その後も似たような感じで、曲がることもありましたが「次は上手くいく」という理由はよくわかりませんが確信のようなものがあり、特に慌てることもなく、6Hまではかなりうまくいっていました。ただし、1Wは曲がりませんがあまり飛んでいなかったので、スカッとしないというか、気分はあまりよくありません。

この淡々とした感覚は、7Hでセカンドをバンカーに入れてしまい、そのバンカーショットをミスしたときに終わってしまったように思います。この時は大したことは無いと思っていたのですが、手首を傷めてしまったようです。その後はなんとなく違和感があり、前半残りのホールは叩いてしまいました。

昼食後、後半のティーショットの素振りをしたら、痛さでクラブが支えられなくなってしまいました。そのホールは何とかなりましたが、次のホールはティーショットを曲げてしまい、セカンドをダフって余計に悪化してしまいました。その後はテーピングしたものの違和感がとれずゴルフにならず、記憶に無いくらい叩いてしまいました。

というわけでスコアはよくなかったのですが、充実していました。手首は痛みが取れたので大したことはなさそうです。あの確信のようなものが何だったのかは、後ほど考察してみることにします。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
No title
「ロフトが自然に立つ感覚」ではないですか?
ドライバーが飛ばないのは、まだ硬いからだと思います
2008/10/11(Sat) 21:52 | URL  | 弟子の一人 #-[ 編集]
No title
ロフトが立つ感覚ってよく分かってないのです。1W硬いですかね?振動数190切ってるのですけど。SWが242だったりしますが。
2008/10/15(Wed) 21:18 | URL  | ごんごろ #-[ 編集]
No title
ボギースタート
2008/10/17(Fri) 00:11 | URL  |  #-[ 編集]
No title
190切っていれば硬くはないですね
ものすごく飛ぶはずなのですが・・・・
2008/10/17(Fri) 00:12 | URL  | 弟子の一人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。