ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月30日 (火) | 編集 |
何やらテレビでは政治の話で賑わっているようですが、法案の話はあまり出ないようですね。逆にネットでは法案の話が多いようで、両方見比べると立場の違いのようなものが感じられて面白いですね。選挙ではどうなるでしょうか。

それはさておき、ゴルフの方はぱっとしません。1Wの違和感もかなり解消されました。問題が解決するとすぐに他の事が気になってしまいます。再現性の低さというか、繰り返せる時は何も考えずにできるのですが、できなくなるとできないことを繰り返すというか抜け出せないというか、まだまだ基本ができていないからだと思うのですが、ヘッドの姿勢が安定しません。おそらくクラブが体の幅から外れてしまっているかフェースと胸の方向が合っていないのだと思うのですがなぜなのでしょうか。

ヘッドが重い!のはそうなのですが、相対的な位置関係であることと、体も腕も動く、胸の向きが変わることの影響も少なくないのではないでしょうか。

例えば速く動くと重いヘッドやクラブを支える腕はついてくるのが遅れてしまいます。ですがゆっくり動いたとしても、体だけ動いたり腕を体の正面でない方向に動かしたりすれば当たり前ですがクラブは体の幅から外れてしまいます。では体が動く方向に腕を動かせばよいのかというと、体が動くと胸の向きも変わる可能性があるので、体の向きと動きに合わせて腕が動かないとやっぱり外れてしまいます。じゃあそうすればよいかというと、胸は少し向きを変えただけで胸の正面の位置は胸からの距離に応じて変わってしまいますし、いくらシャフトを立てて軽く感じるようになったとは言え重さが無くなるわけではないですから胸の向きに合わせてホイホイ腕を動かすわけにもいかずやっぱり限界がありますし、正面に保てたとしてもフェースの向きは変わってしまったりするのです。ヘッドが重いのですから、体に対して腕が遅れる、フェースは開く方向にずれやすいと思います。

このズレが生じるとどうにもならなくなってしまいます。スウィングが始まってしまったらもう直せません。

ですからアドレスからずらさないようにしないといけないのですが、例えば動き出すときに腕は正しい位置に上げたつもりでも胸の向きが変わる量が足りなければもうずれてしまいます。「腕はこの位置でよいはずなのに」と悩んでしまいますが、この場合は腕の位置を変えても解決しないわけです。

では胸と腕を合わせて動かせばよいのでしょうか。腕と体を一つの部品として動かせば確かにずれにくくはなるかと思います。テークバックでは上手くいきそうですが、重いヘッドは開放した途端に遅れそうです。

結局先が重ければ遅れるのですから、腕は胸が向く方向に先回りしてやるのはどうでしょうか。もちろん腕を速く動かすには筋力が必要になってしまいますから、胸の向きの変更も腕がついてこれるような速さでないと駄目でしょう。胸はこのくらいの速さでこう向くから腕はこのくらい、のように。

アドレスでは離れているヘッドはトップでは近づきます。ということは重さが体に近づくにつれて腕は遅れにくくなるはずです。徐々に遅れにくくなるなら、動き始めの重さで予測して動かすと段々クラブは軽く感じるのですからトップでは腕が右に行き過ぎて体の幅から外れやすくなってしまうのではないでしょうか。ダウンでは逆に近くにあるヘッドが離れていきます。重さが体から離れるにつれて腕は遅れやすくなるでしょう。軽い手応えのまま腕を胸の向きについていかせようとしても感じる重さが増していけばやはり腕は右に遅れて体の幅から外れてしまうのではないでしょうか。軽くなる、重くなることも考慮して動かさないと外れやすくなってしまいます。特に重くなる場合は軽いうちから腕が重いものを支えて動かせるような腕の形にしておかないと、重くなることに対応できません。ガラスを叩き割る裏拳を押してあげるような感じですか。

そういえばラウンドの予定はまた流れそうです。芝の感覚が懐かしくなってきました。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。