ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月16日 (金) | 編集 |

ショートパット、FW、1Wをよくヒッカケます。

原因は全て同じような気がしてきました。

アプローチは球の勢いが強すぎてちょっと室内では怖くなってきたので、パターで試してみました。
例のスペシャルパター、ロングパットの距離が合ってきたのですが、せっかく1m以内に寄せても
その1mが入りません。大概ヒッカケです。

あの重ーいパター、フック回転が掛かるそうですが、それ以前に打ち出しから左に行ってしまう
ヒッカケでスコアがよくなりません。

右の尻を後ろに引くのはよいのですが、つい引いた尻を前に出して回転しようとしてしまうのです。
でもそうすると、インパクトでは行き過ぎて、やや左を向いてしまいます。必然的にヒッカケが
多くなります。

ここで、どこかで見たようなイメージですが、股関節をカセットテープに見立てます。
(いまどきテープかよというツッコミはさておいて)
ペンをカセットテープの2つの穴に一本ずつ指して、足に見立てます。

ボールジョイントとはちょっと違いますが、右の尻を後ろに引く、すなわち右のペンを後ろに
引くと、カセットテープは当然右に回ります。この右に回ったテープを元に戻すには、
右のペンを前に戻すのではなく、右のペンと左のペンを反対側にひっぱれば元の向きに
近づいていくのではないでしょうか。つまり股を開くような動きです。

さっそくパターで試すと、若干ハンドファースト、左股関節内側に手が来るように構え、
右の尻を引き(手の位置をずらさないように、フェースも開かないように)、
股を開くと、手を動かさなくてもショートパットは打ててしまいます。
小さなストロークでよく転がるし、ヒッカケ難い。

でも、よく見る肩を振り子のように揺らす打ち方とは全然違っちゃいますね。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。