ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月17日 (土) | 編集 |

また練習に行ってきました。
だいぶ練習頻度が増えています。モチベーションが上がってきたのでしょうか。

今日は、シールのマーカーを使ってフェースの球の跡とソールの跡を見てみました。
フェース用とソール用が一枚のシールになっているのですが、ちょっと貼り難いですね。

さて、ソールにシールを貼ると、ダフリをかなり警戒するようになります。
ダフってしまうと、それ以降の跡が判別できなくなり、使えなくなってしまうからです。
シールを張り替えるのはかなり面倒ですし。

7Iで試してみると、いつもはヒッカケ気味なのにめずらしくスライスしました。
ソールを見てみると、案の定トゥ側の跡が濃く、ライ角がマイナスになってしまっているようです。

これは、アドレスでトゥを浮かせるのを忘れたことが原因と思ったのですが、
トゥを浮かせてアドレスしても、改善はするものの、まだスライスです。

手首が動きすぎてしまっているかもと思い、ライ角を保つように打つと、ようやくスライスは
止まりました。しかし、力が入ってしまっているせいか、感触は悪く、トップ気味です。

ここまで、ソールの跡はフェース側が濃かったのですが、次に感触のよい球を打つと、
ソール全体にべったりと跡が付いてしまいました。こすり球なのに感触がよいのが
なぜかよくわかりませんでしたが、ライ角を保とうとすると、自然と手首の動きが抑制され、
肘をしっかり曲げるようになりました。

で、少し考えたのですが、この肘、動く方向が限定された関節、体の動きとクラブを同調させるのに
よいのかなと。

さっそく、鬼軍曹で試してみると、まだこすっているものの(まだ球が高い!)、体の動きとクラブを
合わせるのが楽になってきました。球の散らばりもかなり改善され、力を入れたり速く動かそうと
しなければ、コンパクトなトップで楽に繰り返せます。これならQ95の代わりにできそうです。

Q95はというと、さらに球が低くなっています。フェエウェイキープに役立ちそうなくらい。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。