ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月25日 (月) | 編集 |
急に涼しくなりました。寒いくらいです。今週はずっと雨で涼しいのでしょうか。体調崩しそうです。暑いだの寒いだの文句ばかりですね。

週末はまた練習に行ってきましたが、芳しくありません。何度かぐわっと落ちてきたと思うのですが、曇り空で球の行方を見失ってしまいました。意識して繰り返そうとしたら、今度は飛ばなくなってしまいました。

そういうときには私の場合は基本に戻るしかありません。たくさん球を打つと余計悪くなるので・・・。基本というとアドレスとランニングアプローチです。今はアイアンは一本しかないので6Iでやりますが、7か8の方がやりやすいと思っています。

ようはミドルアイアンでランニングアプローチをするのですが、飛ばそうとしていたりトップからいきなり球の方を向いていたりするとランニングアプローチでもしっかりミスになります。しっかり打てたと思う時は打感は柔らかく、ミスした時は固く感じます。上から落としているはずなのに球だけ打っているような感触なのか、マットにバンスが擦れたりぶつかったりしてから球に当たっているのか、音も固いものを打ったような鈍い低い音なのか、高い音なのか。球の行方やスピンを気にしすぎてもいきなり球の方を向いてしまうミスが出やすくなってしまうので、インパクトで得られる視覚以外の情報に集中します。

そうして徐々にフルショットに近づけていくと、急にまたミスが出るようになりました。トップというか固い感触です。なかなか原因が見つかりませんでしたが、やっぱり基本の前傾角度のようです。スウィングが大きくなるにつれて上半身が起き上がってしまっていたようです。手の動きを気にしすぎたのかも知れません。

結果を気にしすぎてしまうと上手くいきません。でも結果を出したいのですから、気にせずにはいられません。飛ばそうと思えば飛ばない、上げようと思えば上がらない。「弟子の一人」さんが言う通り、ゴルフでは逆の結果になってしまうことが多いです。

何故でしょうか? いつものように適当に関連付けると、重量が先端に集中しているからでは無いでしょうか。クラブを持っている手から遠くに、遠くにあればあるほど扱いにくい重さがある。だから動かそうとしても思った通りには動いてくれない。遠くに離れた時の状態を制御したいのに離れれば離れるほど自分のいうことを聞かなくなる。

射撃では遠くの的を狙うときは弾丸が重力で落下することも考慮するそうです。ダーツも狙いよりも下に当たります。ということはゴルフでも的(球)より上を狙うことになります?

今回もあまり収穫はありませんでした。のんびりしすぎですか。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
No title
あまり内容と関係がありませんが、
たとえばテイクバック
左手をグリップエンド側に押し下げようとすると、簡単にヘッドは上に上がります
このまま体を右に回すとあっという間にトップに入れるわけで、どうもゴルフはどこかに支点を作って、グルッ と回る動きはだめなようです
トップからもクラブのグリップ側に 足払い のような動きを与えると、クラブヘッド側は重力で下にドンと下りてしまいます

支点を作って回してしまう
ワイパーのような動き

はご法度のようです
2008/08/30(Sat) 22:14 | URL  | 弟子の一人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。