ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月19日 (火) | 編集 |
前回の記事を若干修正しました。

続きですが、重いものを体から遠ざけると支え切れなくなれば落ちる、というところで、重いものを人力で遠ざけなくても、自然と遠ざかっていくというか、引っ張られるような現象もあります。回転により生じる遠心力は、まさにそのように働きます。

では遠心力で重量物は落下する速度よりも落ちる方向に加速するのでしょうか。

支点で支えられた重量物が遠心力が働く方向の延長線よりも下にあれば、重量物は回転軸から離れようとすると共に浮きあがろうとします。逆に上にある場合はどうなるのでしょうか。遠ざかりつつ落ちようとするのではないでしょうか。であれば支点よりも遠く、すなわち高く、重量物が落ちようとするのを助けてくれるほど柔軟なもので支点から支えられていれば、落下する方向と引っ張られる方向が近づくのではないでしょうか。落下する力と引っ張られる力の合力は落下するだけよりも大きく、重量物をさらに加速させることができるのではないでしょうか。

そうなると、筋力に関係なくさらに速度を上げることができてしまいます。重量物が十分に重く、重量物を支えるものが十分に柔軟であればよく、楽をしようとすればできてしまう。むしろ楽な方法にした方が結果がよくなってしまいます。「若いうちはもっと振ったほうがよい」なんて言われたこともありましたが、体は有限な資源で取り替えることはできないですし、本人が認めなくても抗っても日々老化していくのです。お向かいさんは腰を痛めてゴルフができなくなったそうです。スモールボールを戴いたご近所さんもそうです。流行りのエコも自分が元気でないと活動すらできなくなってしまうのですから、いかに体を温存するか、エコは自分自身も対象にすべきではないでしょうか。

といったところで私の夏休みの自由研究はおしまいです。今日はまた暑くなりそうですが、めげずに精進します。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。