ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月03日 (日) | 編集 |
くやしいので今日も練習に行きました。

暑いとだれてしまうので、涼しいうちにと朝もはよから行って来ました。

昨日はヘッドの重心がシャフト上から落ちてしまうと言うか、球に伝える前にエネルギーをこぼしてしまっていると言うか、そんな感じだったので、基本から見直しです。

なぜアドレスが関係していたのかはよくわかりませんが、アドレスで作ったクラブからの力を左手に受ける形が、前のめりになることで崩れてしまったのでしょうか。

とにかく左手に力を受けたまま、テークバックです。しかしそのままでは左手が伸びたまま重ーいクラブを支えることになってしまうので、手は体に近づけます。左手か伸びたままだと体の右側が重くなりすぎて切り返しからいきなり体が開いてしまいます。ですから手は体に近づけるのですが、ただ近づけるだけでは左手が支えていたクラブがふらつくし、クラブが進む方向を失ってしまうように思うので、左手に力を受けたまま手を体に近づけてみます。

そのまま体を飛球線方向に動かしてダウンスウィングしてもそれなりに当たるのですが、最近の課題であるスライドの動きを試してみました。左手は落ちようとする力を受けていますから、そのまま平行移動しようとしても、下のベクトルと横のベクトルの合力で斜め下に落ちようとします。そこで若干持ち上げるように動かしてみると期待通り横の向きに動きます。そのまま球の上を素通りしたり(また空振り!)、ヘッドが降りていったりするにはするのですが、ヘッドの姿勢がまだよろしくないようで、今日はくやしさを増しての帰宅です。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。