ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月31日 (土) | 編集 |

またあさっての方向にずれてきたので、一旦リセットです。

見ず知らずの私を助けていただき、大変感謝しております。

今回は、一旦ドライバーを置き、ダウンでのクラブの動かし方、動かされ方の練習です。
遠心力を上手く働かせて、クラブの動きを作るということでしょうか。

まずは素振りでじっくりと動作とクラブの動きの確認です。
なかなか自分で打ちにいってしまう動作を止められませんが、いわゆるスウィングとして考えず、
単純に動作としてやってみると、確かに右側・右肩は落ちようがありません。

まず失敗しがちだったのが、グリップとヘッドの移動量の差が大きくなってしまうということでした。
これは、クラブを上げる際に楽をしようとしてしまい、所謂ワイパーの動きをしてしまうことも
一因としてあるようです。クラブを上げる場所にも原因があるようです。

次にダメなのが、回転と手の動きの動き出すタイミングです。回転の動きに手が置いていかれてしまい、
体が開いてしまうような、下からかち上げる動きになってしまいます。
かといって手の動きの速度を速くしようすると、グリップとヘッドの移動量の差の問題も出てきます。
速度でなく手を動かしだすタイミングを早くする、「速く」でなく「早く」ということでしょうか。

そんなこんなで、今回は球数はあまり打てませんでした。
素振りばかりやっていたわけではなく、空振りが多かったのです。
それも一度や二度ではありません。半分くらいは真剣に空振りしていました。
当たったとしてもチョロだったりして、まあまともな当たりは一度もありませんでした。

球の位置や動き出しのタイミングを変えたりはしましたが、まあ気持ちよいくらい
空振りしまくっていました。わざと空振りしているわけではなく、まじめにやっているのですが、
球に当たらなかったのです。

でもあまり悲観はしていません。アジャストして球に当てようとする気持ち、本能的に
空振りを嫌がり球に当ててしまおうとする気持ちに抗っていたからです。

あまりに当たらないのでちょっと泣きそうでしたが、半笑いでもありました。
泣いていた子供が、笑いのつぼに入って思わず笑ってしまうような。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。