ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年07月22日 (火) | 編集 |
カリウム添加で水草は元気になったようですが、また水槽内にはコケがたくさんありました。ガラスに付着したコケはきれいに取ったのですが、水草についてしまったコケはうまく取れません。

今までよく知らなかったのですが、水草が元気になると水槽内の栄養を十分吸収するようになる為、コケに栄養がいかなくなり、コケが生えにくくなるそうです。まあコケのような植物よりも水草の方が本来強い生物のはずでしょう。

しかし、生えてしまったコケは無くなりません。人間の作業では限界があるし、あまり介入したくないので、生き物のことは生き物に頑張ってもらうことにしました。コケを食べるエビを水槽に追加です。

コケを食べるのはヤマトヌマエビというのが一般的ですね。ヤマトヌマエビは飼ったことがあるのですが、かなり大食漢で、コケが無くなると水草まで食べ始めます。硬い葉の水草ならそれほど被害に合いませんが、ラージパールグラスは食べられてしまうでしょう。というわけで、別のエビにチャレンジしてみました。

またまたネットで調べてみると、ミナミヌマエビというエビがコケを食べるが食べ過ぎなくてよさげです。価格も手ごろで見た目は大差無し、若干小ぶりですが数がいれば何とかなりそうです。これに決めました。

早速入手して水槽に入れる・・・前に水合わせが必要らしいです。今まではあまり気にせずに魚を買ってきてもビニール袋に入れたまま温度を合わせたあとに入れていたのですが、エビは水温にも水質にも敏感らしいので、めずらしくちょっと慎重にいきます。プラスティックの容器にエビとエビの入っていた水を半分入れ、水槽の水を徐々に追加してみました。2時間くらい掛けて水合わせをして水槽に投入。元気に泳ぎ回っています。カメレオンのように周りの景色に
30匹以上いるので、あっという間にコケを食べてくれることを期待です。

しかし、翌日には2匹死亡。あれ?と思っているとさらに次の日も次の日も、バタバタと死んでいってしまいました。水合わせに失敗したか?と思って調べてみると、点適法なる方法で一滴ずつ水槽の水を追加していく方法があるようです。100mlずつ足していく方法では性急だったということでしょうか。結局残ったエビは3匹。大失敗です。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:水草水槽
ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。