ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年07月07日 (月) | 編集 |

あっという間に7月です。急に暑くなり練習に行くだけで汗だくになってしまいます。

先週くらいからドタバタしていたのでちょっと間が空いてしまいましたが、
後退しないように、少しでも前進できるように、何とか隙を見つけて、いや暇を見つけて
練習に行きました。

今回のテーマは両手の位置です。必死に手を体の右側から体の左側に戻そうとしていたの
ですが、なかなか戻せませんでした。何故かを考えていて、「手は体の左側から中央付近まで」
という注意を思い出し、「そもそも手が体の右側に来過ぎなのでは?」「だから戻せないのでは?」
と思った次第です。

しかし体の右側に手があるのが当たり前になっていた私にはかなり違和感があります。
最初はスウィングにならない程でしたが、すぐに慣れてしまいました。硬いクラブの呪縛でしょうか。
まあ右回転では手は自然と遅れるはずですから、本来であれば体の左側に手があるはずです。

ようやくアドレスで上半身を右に傾けるのに慣れてきたので、その両手の位置のままテークバック
するのが今回の練習の目標です。すぐに両手を右側に移動させてしまう癖をこらえながら、
何とかスムーズにテークバックできるようになってきました。

よい音がして、軽く振ってもよく飛びます。右手が手持ち無沙汰な気がしますが、慣れてしまえば
大丈夫でしょう。ならばとドライバーでも試してみました。球に当たる前にヘッドが落ちてしまうのは
解消されたと思います。ただ、かちあげていた分のロフトの立ちが無くなったせいか、かなり吹け上がってしまいます。手の動きに集中してしまった為、ロフトを立てる体の動きが疎かになってしまった
のかもしれません。次はその辺を注意して練習してみたいと思います。

#ひとりごと
何度かアップしたのですが、IE7にしたせいか、接続できなくなったり、IE7が異常終了したり、
散々でした。こんなではブログ書くのが嫌になってしまいます。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。