ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年07月28日 (土) | 編集 |
あーなーつやすみー。とーちゃんはしごとー。


続きのメモです。

フルショットだと体の向きが変わります。

前傾しているので、向きの変更は力の掛かり方の変更ももたらします。

一定の方向から掛かる重力に対して、前傾しつつ向きを変えることで、
大まかに頭からクラブヘッドに向けてかかっていた重力が、
体の右側面、右肩辺りから左腰辺りにかかることになります。

そして頭も右にずれます。

一方、クラブはヘッドが上がる・・・、ということは重量物が体に近づきます。
体の向きを変えるとクラブは飛球線後方方面に位置します。

この状態でクラブヘッドを体から遠ざけるだけの動きをすると、即ちクラブヘッドを下げると、

・体の重さは飛球線後方にずれている
・クラブも飛球線後方に落ちつつある

ということで、飛球線後方に重さが集中している、碇を下ろしているような状況です。
あるいは、重さが下方に集中している円錐のような状態でしょうか。仮に円錐1とします。

これでは飛球線方向に動きたくても動けません。

シフトするのには全くもって不向きな状態と言えるかと思います。

クラブヘッドを上げた状態は上下逆な円錐のように重さが上にある状態と考えると、
#但し、上下逆な円錐(円錐2としましょう)の円の面積は、円錐1の円の面積よりも小さくなっています。

ここからシフトを楽にするには、

飛球線方向に円錐(円錐3としましょう)ができる → クラブが下がれば球に当たるという状況にするのがよさそうです。
#あえてクラブヘッドではなく『クラブ』と書いています。
#クラブヘッドではなくクラブが下がれば・・・という意味です。

クラブが下がれば球に当たる・・・。

上下逆な円錐状に重さがあるトップの状態から、飛球線方向と重力方向にクラブを動かすと、
円錐3の状態になりそうです。

ですが、右を向いているトップの状態から、クラブが体を通り抜けて球に向かうことはできません。

ですから、動かせる方向は、アドレスでできた飛球線方向よりも右を向くことになるはずです。

合掌している手は、クラブ自身が下がる分も加味して、右肩方面から左腰方面に向かうことになるでしょう。逆スナップも然り。

体の左側が低いことと、クラブが左腰に向かうことを利用して、体も頭ごと左に向かわせ、

体の向きはどうなるかというと、クラブが下がる=クラブヘッドが体から遠くなる、のと、左足に乗り切ってこれ以上左に進めなくなることから、クラブに引っ張られて向きが変わる、といったところでしょうか。

クラブを持つ手が繋がる体が向きを変える、ということはクラブ自身も向きが変わる・・・。
きわめて受動的な、クラブという外力から体の向きの変更という若干の回転運動が生じ、クラブに遠心力が帰ってきてクラブの重心位置直列現象・・・。ようなイメージです。体感できるような大きさの遠心力を全く感じていないので間違っているかもしれません。

一般的なスウィングの、「体の回転により遠心力を生む」というイメージとは真逆になります。

一般的なスウィングの体の回転がモーターだとすれば、シフトの回転はダイナモでしょうか。

回転と言っても、90度右を向いて85度左を向かされるイメージなので、回転している気分はまるでありません。
#回転のイメージに加え、速く回転するイメージは確実にショットを失敗させるような気がしてなりません。

・トップでのクラブがよい位置に収まっている。
・自発的に回転しない。

という条件でシフト成功の為の要件は刷毛塗りとその方向しか残りませんでした。

まだ何かありそうな気もしますが、楽だからついつい「ま、いっか~」となってしまいます。

暑いし。
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2012年07月18日 (水) | 編集 |
刷毛塗りをシフトに繋げる為の前段階として、フルショット時の刷毛塗りについてメモして置きます。

パターやランニングアプローチでの刷毛塗りに対して、フルショットの刷毛塗りは体の向きの変更による影響が大きくなると感じました。

「フルショットの刷毛塗りが上手くいかない・・・」と悩んでいた時期でしょうか。

フルショットの、というよりも、クラブが上がったときの、と言ったほうがよいかもしれません。同じことかもしれませんが。

もっと正確には、「刷毛塗りしていたつもりができていなかった」でしょう。

クラブヘッドを下ろしてしまうと刷毛塗りができなくなることはわかっていました。合掌した手が回転してしまうような力が加わると、合掌の手のひら・甲の方向への手首の曲げができない、やりにくくなりました。

あるいは、グリップをぎゅっと握ってしまう、あるいは無意識にでもグリップに力が入ってしまう、握る力もやはり刷毛塗りを邪魔する、やりにくくなりました。

パターやアプローチだと簡単にできた刷毛塗りが、邪魔が入るとできなくなってしまう・・・。

刷毛塗りの邪魔をしないようにすればよい?

刷毛塗りをやりやすいようにすればよい?

否定よりも肯定の方が脳の命令を筋肉に伝えやすいとかいう話もありましたが、スウィング、あるいはショットは一旦忘れ、刷毛塗りの動きをやりやすいポジションなりグリップなりを模索してみました。

単純には、トップから刷毛塗りをして止める。体の向きは変えない。刷毛塗り→トップに戻すの繰り返し。

意外なことに、この時点で既に刷毛塗りになっていませんでした。手のひら・甲の方向ではなく、合掌した手のひらが僅かながら回転していました。

この手首の小さな回転は、その後の刷毛塗りの動き、間接的にシフトの動きをも阻害していました。

この手首の小さな回転は、振ってしまう、振らされてしまうことのはじまりだったのです。

あの大きな、抗うことのできない不可抗力の。

風が吹けば桶屋が儲かる。大げさかもしれませんがそれくらい衝撃でした。

一旦この小さな回転が入ってしまうと、振りたくなくても振ってしまう、届かないから振ってしまう。刷毛塗りしているつもりが、シャフトを押して振ってしまう。

良かれと思ってやっていることすら裏目に出る。まるで私の人生のようです。

斜めの角度も錯覚の元でした。

体の向きの変更で刷毛塗りする向きが変わったとき。

単に、直立して横を向いたのではなく、前傾して向きを変えたのですから、刷毛塗りする方向も変わります。縦が横に。横が縦に。この時に、合掌の回転と手のひら・甲の向きへの曲げが感覚として区別付けづらくなっていました。

あるいは、手首が曲がらず、左肘が体の側面に回りこむようなことも。気持ちでは「左手を押してるんだけどなぁ~」。逆スナップの動きができたとしても、クラブ全体が動かなければ刷毛塗りにはなりません。

しっかり、刷毛塗り。

これでフルショットの感触は格段によくなりました。

この段階でティアップを忘れてはいけません。アイアンでもティアップ。

でもまあ、ここまででは、たっかい球が飛び出しました。普通の飛距離、もしくはちょっと届かない、くらいでしょうか。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2012年07月16日 (月) | 編集 |
フルショットにおける刷毛塗りの方向・・・
右肘のベクトル
逆スナップ?刷毛塗り?のベクトル
右手に押された左手のベクトル
全て左つま先方面と一致させるようにしてみたら、すんなりシフトできました。

優雅なダンスから一転して、クラブを球にパイルドライバー!

まさにヘブン状態!
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2012年07月14日 (土) | 編集 |
前回の記事はイキナリ脱線してしまいましたが、最初に書こうと思っていたのはシフトの話です。
#脱線と言っても、超重要なことなんですけどっ!


で、シフトを意識すると刷毛塗りが上手くいかず、刷毛塗りを意識するとシフトが上手くいかず、こりゃ何かおかしなことになっているのではないか?と思った次第です。

無理やりに双方を行うこともできなくは無いのですが、もっと、こう、ナチュラルというか、自然体というか、必然な感じでできてしまうのが理想です。「あいつらいつの間にかできていた」みたいな感じ・・・いや全然違います。そんなときは影でコソコソ熱烈アプローチしているに違いないでしょうから。また脱線!!

どっちつかずになるのは、刷毛塗りがシフトを誘発していないからでしょうか。

ちょっとパターで試してみました。重いヘッドを残す感覚が薄れていたかもしれません。
どれくらい残すか、も重さで決めればオートマチックに近づくかも・・・。

パターでイメージをより明確にしたところで、アイアンに戻ります。

アイアンも重さを基準に、重いヘッドを残しつつ向きを変え・・・。

もう少しナナメに・・・。

あれ?届かない。

もう一回パターに戻って。

うん、問題なし。

再びアイアンに。

おおう、いい感じだけど、まだ流れるようには繋がらない。

ナナメが下手かな。

インパクト前に正面を向いてしまう・・・。

思い切ってシャンク方面に・・・。

いやいやいや、シャンク打ってる場合じゃない・・・。

一旦リセット。パターに戻る。

問題ナッシング。

アイアン。悪くは無いけど、シフトしきれず、球が高い・・・。

あっという間に球が無くなる・・・。

もうちょい。

もうちょっと・・・。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2012年07月08日 (日) | 編集 |
ゴルフの練習にシフトという言葉は余り使われないと思いますが、シフトの練習をしているときに、シフトを意識しすぎるあまり他のことが疎かになってしまうことがありました。

クラブの姿勢が主でしたが、思い知らされるのは「刷毛塗り」が疎かになった場合でした。

刷毛塗り、というのもゴルフと関係ない言葉のようですが、刷毛塗りはスウィングの核となるものです。
もちろん実際に壁等にペンキを塗るのではなく、そのような動作、ということです。

しかも筋力や柔軟性といった身体能力に関係無く、女性でも、お年を召した方やおっさんでも、もちろん若者でもできるとっても簡単なことです。

刷毛塗りは、覚えてからゴルフをやめざるを得なくなるまでずっとできることなので、「今はできても年をとってからはキツい・・・」といったことも無く、「極めるほどに難しく細かくなる動作」というわけでもありません。また、刷毛塗りそのものが体に負担を掛けることも無いでしょう。

更に、刷毛塗りは、パター、ウェッジ、アイアン、ドライバー含むウッド全てのクラブに共通した要素となるので、「ドライバーはこう打つ」「アイアンはこう打つ」「パターはこうする」といったことがありません。まさに別なクラブで同じことをして異なる結果を出す、ということが可能になるのです。刷毛塗りってすごいっ!

条件は「人」ではなく「クラブ」となります。巷に溢れるクラブでは、刷毛塗りそのものはできても刷毛塗りの恩恵に与れません。パターからドライバーまで全てのクラブが「ヘッドが重くてシャフトが軟らかい」ことが大まかな条件となります。このようなクラブは、ネットショッピングでマウスでクリックして買うことなど不可能です。

市販のクラブでは「ヘッドが重い」ものは皆無でしょうから、ヘッドが重いだけでどうかの確認はできていませんが、シャフトが軟らかいだけでは刷毛塗りの恩恵に与れないことは先日(期せずして)確認しました。やはり刷毛塗りにはヘッドが重くてシャフトが軟らかいクラブが必須のようです。刷毛塗りすごいよ刷毛塗り。

非常に効果が高い刷毛塗りなのですが、まず大多数のゴルファーには通じません。そもそも刷毛塗りを知らない、という方も多いと思います。更に刷毛塗りの効果を体感したことがある人となると、ハミングバード系クラブの方以外はいないのではないでしょうか?

ですから、「刷毛塗りなんて聞いたこと無い!」というのは当たり前なのでしょう。だからこそ、ゴルフ仲間から抜け駆けできるチャンスだったりするのです。

具体的に刷毛塗りがどのような仕組みなのか?説明が難しいですが、円・楕円といった「スウィング」から連想される動作では決して得られない、恐らくゴルフボールのようなゴムの球体に対して最高の効率で力を加えることのできる方法である、「一定方向から球を押し続ける」ということが容易にできるようになる、それが刷毛塗りということではないでしょうか。

円運動ではクラブが動く方向は常に変化します。ということは、円運動では「一定方向から球を押し続ける」ということができないことになります。同じ方向から力を加えられず、力が掛かる方向が変わった瞬間、球体である球は掛かる力が弱まった方向に逃げる・・・。球を擦ってしまう、ということではないでしょうか?

「球を擦ってしまう」「逃がしてしまう」ということは、ゴルフボールにエネルギーが伝わらない、即ち飛ばないということです。円運動は球体を飛ばすのに適さない。飛ばないやり方を前提として、懸命にヘッドスピードを上げようとしたり、中国雑技段のような無理な体勢にしたり・・・。何かおかしいと思いませんか?

刷毛塗りそのものには円運動がありません。刷毛塗りは円運動を排除した動きと言えるかと思います。偏重しているゴルフクラブを最大限に生かす方法なので、スウィングする本人に無理は負荷は掛かりません。一般的なスウィングのような、スピード感、特に本人が感じるスピード感が、刷毛塗りにはまるでありません。

刷毛塗りは球に効率よくエネルギーを伝える、ということは、反作用で衝撃が手や腕に帰ってくることもほぼありません。ゴルフボールの大部分がゴムであることを思い出させてくれます。打った感触に硬いもののイメージが無くなり、気持ちのよい、優しい感触はきっと打つ人を虜にするでしょう。よく「軟鉄は打感がよい」などと聞きますが、そんな比ではありません。別次元と言えるでしょう。

刷毛塗りという言葉を意識的にたくさん使って書いてみました。温かくなってきて体がよく動くようになってきたと思いますが、そんな時こそがっつり刷毛塗りをしてみるのはいかがでしょう?体の調子がよくなる時期にあえて身体能力で解決せず、スウィングの真髄たる刷毛塗りを極めてみるのも一興かもしれません。そして刷毛塗りは必ずあなたのゴルフ人生の宝となるでしょう。

テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2012年07月03日 (火) | 編集 |
最近知らん人から「独特なスウィング」「特徴的なスウィング」とよく言われてとってもうれしはずかし原宿キッスなごんごろです。


lenoveのノートパソコンの電源がいきなり落ちてしまう不具合が直らず、なかなか記事が書けません。
よって、文章中の今日は今日ではありませんので、あしからず。

さて、シフトはどうしたのかというと、余り進んでません。無理やりやればできるけど・・・、といったところ。
シフトを妨げる何かがあるに違いないと、自分探しの旅、ではなく原因探しの旅に出ていました。

単にいつも行く練習場が混んでいたので別なとこにいったりしてただけですけど。

場所が変わってもやることは変わりません。練習めぬーがちょっと変わるくらいです。
何故ゆえにシフトが妨げられてしまうのか・・・。

シフトしづらいのは、重さが邪魔になってしまっているからだろう、と仮説を立て、あれこれ点検してみました。

重さ、とはクラブと自分自身があります。クラブが重くなっているかどうかはすぐにわかる筈ですが、
自分自身はどうでしょう。例えばシフトする際に、シフトする反対側(右打ちなら右側)に重さが集中している・・・。
体で重い部位の代表はやはり頭でしょう。頭が右側に来ている?

トップでは確かに右に向きますから、前傾していれば右を向けば頭は右側に来るでしょう。
前傾しないわけにはいきませんが、前傾が深ければ頭はより右に・・・。

ということで鏡チェックタイムになります。鏡は自分を映す鏡!

訳のわからぬことを呟きながら鏡の前に立って構えますと、まあ前傾が深いわけです。ええ。

では前傾をもっと浅めにすればよい?

でも、問題を裏返しても、対策にはならないのです。世の中的に。

そういえば球の位置も若干内側に入ってきているような気がしますが、もしかして球の位置と前傾の深さは表裏一体?
だったら鏡を見なくても気づけるかもしれない、ですが、いちいちチェックせずともびしっと構えたいのが人情。

ならば前傾を決める要素から見直してしまえ~。と傾き加減やら視界やらを確認してみましたが、
一番わかりやすいのはグリップの差ではなかろうかと。

だったら前傾が深くなりすぎないようにグリップすればよいのでは!やったー!万歳!解決!?

でも、問題を裏返しても、対策にはならないのです。世の中的に。

だって、グリップにはグリップの目的があって、理由があって、そうしているに違いないのですから、
その目的を無視して、「前傾姿勢を保つ為にこう持ちたまえ」などといってもイヤイヤして数球で
元に戻っちゃうじゃないですか。我慢して慣れるまで何百球も打って打って打ちまくればよいとでも?

そうではなく、グリップの目的を正してやることが実は前傾も正し、シフトもしやすくなるとしたら?
そもそも大本の目的は一緒のはずなのですから、グリップだのアドレスだのシフトだのを別々に
考える方が不自然なのではないですか。

そうだ、きっとそうに違いない!と思いつつグリップの目的がわからないので頓挫。
何故私はクラブを持つのか?
そこにクラブがあるからか?

何かこう、哲学的なことを悩んでいるふりをして考えていると、隣の打席のおっさんおじさまが話しかけてきたりするわけです。

親切心で、迷える子羊に救いの手を差し伸べようとしていたのかもしれません。
確かに独特なスウィングです。少なくとも練習場の他の誰とも似ても似つかないですから。
そのおじさまは、ゴルフをカップから考えて、スコアを減らしたそうな。
パット、アプローチ、ショートアイアン、と練習頻度をあげていき、ドライバーショットはフェアウェイ優先で低く低く・・・。
まあ無理して飛ばしても曲げたらスコアにはならないでしょう。
スコアを優先して飛ばしをあきらめるという考え方もあるでしょう。

でも!
私はそんなのは!
嫌!

なのです。

バンカーショットはどうするのか?という問いに、なすがまま、きゅうりがぱぱ、ぼくだいこん、とばかりに普通に打ちますると、「やわらかい・・・」とのご感想。

このやわらかいはもちろんシャフトではなく「スウィングがやわらかい」という意味なのでしょう。
この表現、昔は通な感じがしましたが、今となっては意味不明です。

そんなこんなで、今日はおしまい。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2012年07月02日 (月) | 編集 |
今日は残念ながらゴルフの記事じゃありません~。


 とうとうノートパソコンを買ってしまいました・・・。

FMV NB75H/TThinkPad G570
Display15インチ(1024x768)15.6インチHD(1366x768)
CPUPentium M 1.6GHzCore i3 2.1GHz
Memory512MB(1GBに増設済)2GB(6GBに増設予定)
HDD80GB500GB
OSWindows XP 32bitWindows 7 Home Premium 64bit

こうして比較してみると、変わっているようで変わっていないようで変わっています。

OSが変わったので見た目はかなり変わりました。
Wideサイズの液晶ディスプレイも見比べると結構差があります。

体感的には、マルチコアによる複数アプリもサクサク動作が最も異なるところでしょうか。
MemoryはWindows7だと2GBでは心もとないので6GBにする予定です。

早速起動して初期不良でないかを確認し(べ、別にlenovoだから、ぢゃないんだからね!)、
プリインストールされていたマカフィーさんにさよならしてWindows Security Essentialを入れてみました。

更新プログラムのインストールもあり、2回再起動しましたが、特に問題なさげです。
一緒に買った4GBメモリを増設すれば、一仕事終了です。

この動画を参照してみました。
www.youtube.com/watch

新品のノートパソコンの裏蓋を開けるのには抵抗感があります。
蓋が硬くて開けるときにバキバキ鳴るのも心臓に悪いです。

他は簡単。ねじが蓋から外れない仕様なのと、ねじのおおきさが中途半端なことくらいで、4GBメモリを挿してさくっと増設。

起動してメモリが6GBになっていることを確認しておしまい。

あとはメインユーザーの人が好き勝手に設定したりインストールしたりするでしょう。
テーマ:ノートパソコン
ジャンル:コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。